JMS、地震復旧支援でWeb会議システムなどを無償提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JMS、地震復旧支援でWeb会議システムなどを無償提供


掲載日:2011/04/06


News

 ジャパンメディアシステム株式会社(JMS)は、東北地方太平洋沖地震からの復旧を支援するため、Web会議システム「LiveOn ASP版」と必要周辺機器を無償提供する。

 「LiveOn」は、URLにアクセスすることで簡単に使用できるWeb会議システム。他のユーザとファイルを共有できる資料共有機能やホワイトボード機能などを搭載している。また、会議でよく使う機能は分かりやすい大きなアイコンで表示するといった、簡単で使いやすいユーザインターフェースを備えている。

 今回の無償提供では、自治体・医療機関・避難所に対しては、「LiveOn」ライセンスのほか、Webカメラと推奨集音マイク機器「PJP-20UR」を、YAMAHA社の協力を得て無償で提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「Web会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Web会議」関連情報をランダムに表示しています。

「Web会議」関連の製品

「秒速スタート」は当たり前、今日から始める次世代のWeb会議 【ロジクール+他】 多地点接続Web会議サービス 「MeetingPlaza」 【ソフトバンク コマース&サービス】 クラウド型Web会議サービス 「TeleOffice」 【ソフトバンク コマース&サービス】 Web会議システム「LiveOn」 【ジャパンメディアシステム】 中・大規模会議 マイクスピーカーシステム「YVC-1000」 【ヤマハ】
Web会議 Web会議 Web会議 Web会議 Web会議
国内外に複数の拠点を持つ企業なら欲しいWeb会議システム。しかし、導入しても使い方が複雑となると、せっかくの投資効果が台無しだ。どういう製品を選べばいいのか。 2001年の発売開始以来、国内外4000社超の企業に採用されているWeb会議のロングセラーサービス。多人数同時表示、多彩な資料共有機能、クリアで自然な音声通信などが人気。 映像や音声、資料、ホワイトボードなどを、場所を選ばず、リアルタイムに共有できるクラウド型Web会議サービス。簡単操作と独自技術によるスピーディな資料共有が特長。 4500社以上の導入実績。CD並みの音声品質と途切れを回避する独自機能を搭載し、カスタマイズにも柔軟に対応できるWeb会議システム。 マイクとスピーカーを独立させ、低音から高音までクリアに再生できるスピーカーをディスプレイの前に置くことで映像と音声の一体感を生み出し、スムーズなWeb会議を実現。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033753


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > Web会議 > Web会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ