日本HP、Hadoopへの親和性を重視したスケールアウト型サーバ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、Hadoopへの親和性を重視したスケールアウト型サーバ発売


掲載日:2011/04/05


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、非構造型データの格納・解析処理に最適化されたスケールアウト型サーバシステム「HP ProLiant SL6500」シリーズのラインアップを拡充し、トレイ型サーバ新モデルを発売した。

 「HP ProLiant SL6500」シリーズは、4u(1u=44.45mm)の筺体「s6500シャーシ」に格納して使用するトレイ型サーバ。今回発表されたのは、1uハーフワイドサイズの「HP ProLiant SL335s G7サーバー」、1uフルワイドサイズの「HP ProLiant SL160s G6サーバー」「HP ProLiant SL165s G7サーバー」の3機種。

 いずれも、大規模分散処理型のデータ収集/解析ツール「Hadoop」への親和性を高めた設計になっている。HPが大手サービスプロバイダ向けに開発したHadoop用サーバをベースに、CPU、メモリ性能とディスク搭載密度のバランスを考慮し、汎用パーツを活用することで、コスト抑制を図っている。

 「HP ProLiant SL335s G7サーバー」は、省電力/省スペースと大容量ディスクを両立、最大6コアの省電力Opteron 4100シリーズを搭載でき、コスト効率の向上を図れる。最大8ノードを搭載でき、1ノードあたり実質0.5uの省スペース化を図れる。3.5インチで4基、2.5インチで8基のディスクを搭載でき、最大8TBを備えられる。また、リモート管理チップ「iLO 3」により、遠隔からの高度な運用管理を支援する。

 「HP ProLiant SL160s G6サーバー」「HP ProLiant SL165s G7サーバー」では、ノードあたりのディスク容量密度を最大化、最大4ノードを搭載できる。3.5インチHDDを最大6本搭載でき、最大12TBのディスク容量を備えられる。「HP ProLiant SL160s G6サーバー」はプロセッサにXeon 5600シリーズ、「HP ProLiant SL165s G7サーバー」はOpteron 6100シリーズを搭載、Hadoopに加え、HPCクラスタや仮想化プラットフォームなど、様々なスケールアウトやサービス用途にも利用できる。

 また、「HP Open Service Standard」のサービスメニューとして、Hadoopコンサルティングサービスを拡充、Hadoopの適用検討、システム設計から、導入、運用支援までの一貫したサービスが提供され、Hadoopに加え同時に利用されるフリーOSや、オープンソースの監視/開発ツールも含めたトータルサポートが提供される。更に、パートナー/システムインテグレーター各社の製品、ソリューションとHadoopとの連携も支援する。


出荷日・発売日 2011年4月4日 発売
価格 お問い合せ下さい

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033733


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ