NSS、被災地域の電話帳DBと、顧客名簿の被災状況分類を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NSS、被災地域の電話帳DBと、顧客名簿の被災状況分類を提供


掲載日:2011/04/05


News

 日本ソフト販売株式会社(NSS)は、東北地方太平洋沖地震の被災地域の電話帳DBを提供するアプリケーションソフト「電子電話帳」と、ユーザ企業の顧客名簿データを被災状況や地域で分類するサービス「Valu∞(バリュー インフィニティー)」を提供する。

 「電子電話帳東北地方太平洋沖地震被災地版」は、2010年12月までに発刊された対象被災地域(岩手県/宮城県/福島県内の115市区町村)の電話帳データ計130万4337件(個人95万9381件、法人34万4956件)を収録している。名称から電話番号を検索できる上、電話番号から住所や氏名を調べられる。情報の照会画面では、被災地情報(原発20km/30km圏内、太平洋沿岸地域、避難所設置地域)を確認できる。

 氏名・会社名の検索では、名称を入力しなくても市区町村まで指定すると該当地域の電話帳データをまとめて検索し、CSV形式のテキストファイルに出力することもできる。また検索したデータはアドレス帳に登録して管理でき、連携ソフトを使用した地図表示や各種印刷(はがき/封筒/ラベル/名刺/一覧表)に活用できる。直接販売またはダウンロードで提供される。

 「Valu∞東北地方太平洋沖地震被災地対応サービス」では、顧客名簿を預かり、被災地域の電話帳DBとの一括照合処理を行ない、被災状況ごとに顧客情報を分類して返却する。細かな地域を指定するなどの個別対応が可能になっている。

 これらにより、津波の被害が大きかった地域や福島第一原発20km/30km圏内の顧客を抽出し、請求書や督促状などの送付をストップする、などの用途に利用できる。

 なお価格は、「電子電話帳」が2万790円(税込)、「Valu∞」が個別見積で、被災地域の行政機関や支援機関には無償で緊急対応する(応相談)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

顧客を獲得できるWebマーケティングに──変革のヒントとなる21事例 【ロックオン】 コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】 広告効果の測定から活用まで、一気通貫のマーケティングで顧客の心をつかむ方法 【ロックオン】 「未来のお客さま」を見つけ、育てる「フルファネルマーケティング」のすすめ 【AdRoll】 CPA評価は限界? 本当のWeb広告価値を可視化する新指標「Total CPA」とは 【ロックオン】
CRM CRM CRM CRM CRM
顧客を獲得できるWebマーケティングに──変革のヒントとなる21事例 電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。 広告効果の測定から活用まで、一気通貫のマーケティングで顧客の心をつかむ方法 展示会などでリードを収集してナーチャリングし、営業案件へ育てていく。そんなB2Bマーケティングが、最近頭打ちになっているという。打開策はどこにあるのか。 CPA評価は限界? 本当のWeb広告価値を可視化する新指標「TotalCPA」とは

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033732


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ