日本マイクロソフト、被災地等向けクラウドの無償提供期間を拡大

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本マイクロソフト、被災地等向けクラウドの無償提供期間を拡大


掲載日:2011/04/04


News

 日本マイクロソフト株式会社は、被災地や復興支援活動向けクラウドサービスの無償提供期間を拡大する。

 今回提供期間が拡大されるのは、避難所/避難者の情報や緊急支援物資の管理などでの活用を想定したクラウドサービス「Microsoft Dynamics CRM Online」。非営利法人(NGO/NPO)向けには1年間、政府・自治体など公共組織向けには6ヵ月間、無償提供されることになった。

 また同社は、MSNで「全国放射能水準マップ(放射線モニタリング状況)」を公開したほか、被災者のメンタルケアや生活支援、節電情報などを提供する特設サイト「Support Japan 明日のためにできること」を開設した。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】 「未来のお客さま」を見つけ、育てる「フルファネルマーケティング」のすすめ 【AdRoll】 顧客対応を行う担当者の業務を効率化しながら、対応品質も上げていくには? 【バーチャレクス・コンサルティング】 「フルファネル広告キャンペーン」実践ガイド、成功に向けた8つのチェック項目 【AdRoll】
CRM CRM CRM CRM CRM
知っておくべきアジャイルマーケティング実践 5つのポイント 電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。 展示会などでリードを収集してナーチャリングし、営業案件へ育てていく。そんなB2Bマーケティングが、最近頭打ちになっているという。打開策はどこにあるのか。 顧客対応を行う担当者の業務を効率化しながら、対応品質も上げていくには? 「フルファネル広告キャンペーン」実践ガイド、成功に向けた8つのチェック項目

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033711


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ