JECC、被災企業などへファイルサーバサービスを6ヵ月間無償提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JECC、被災企業などへファイルサーバサービスを6ヵ月間無償提供


掲載日:2011/04/04


News

 日本電子計算機株式会社(JECC)は、東北地方太平洋沖地震で被災した団体・企業向けに、システムデータのバックアップ用途などに利用できる「ファイルサーバサービス」を6ヵ月間無償提供する。

 今回無償提供されるファイルサーバサービスの容量は200GB。エフセキュア株式会社の協力のもと、ウイルススキャンソフトも標準提供される。

 適用対象は、被災した政府、政府関連機関、地方自治体、公共交通機関、電気・ガス・水道などライフラインに関わる企業など。利用申込期間は5月31日までで、申込数によっては期間内に申込終了の場合がある。提供開始は4月中旬。無償提供期間は利用開始日より6ヵ月間で、状況に応じて適用期間の延長も検討される。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

「日本電子計算機」関連の情報を、チョイスしてお届けします

「日本電子計算機」製品レポート

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋 【ベル・データ】 Office 365のバックアップに対応「Acronis Backup 12 Update3」 【アクロニス・ジャパン】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【CommVault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋 クラウドへ移行した途端、バックアップを止めてしまうのはなぜ? ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033709


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ