JECC、被災企業などへファイルサーバサービスを6ヵ月間無償提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JECC、被災企業などへファイルサーバサービスを6ヵ月間無償提供


掲載日:2011/04/04


News

 日本電子計算機株式会社(JECC)は、東北地方太平洋沖地震で被災した団体・企業向けに、システムデータのバックアップ用途などに利用できる「ファイルサーバサービス」を6ヵ月間無償提供する。

 今回無償提供されるファイルサーバサービスの容量は200GB。エフセキュア株式会社の協力のもと、ウイルススキャンソフトも標準提供される。

 適用対象は、被災した政府、政府関連機関、地方自治体、公共交通機関、電気・ガス・水道などライフラインに関わる企業など。利用申込期間は5月31日までで、申込数によっては期間内に申込終了の場合がある。提供開始は4月中旬。無償提供期間は利用開始日より6ヵ月間で、状況に応じて適用期間の延長も検討される。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

「日本電子計算機」関連の情報を、チョイスしてお届けします

「日本電子計算機」製品レポート

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

ベリタスと富士通が可能にする、プラットフォームを問わない全方位データ管理 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
ベリタスと富士通が可能にする、プラットフォームを問わない全方位データ管理 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ データセンター投資の理想と現実 ギャップを埋めるにはどうすればいいか 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033709


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ