マウスコンピューター、被災した製品に特別保守サービスを実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マウスコンピューター、被災した製品に特別保守サービスを実施


掲載日:2011/04/04


News

 株式会社マウスコンピューターは、東北地方太平洋沖地震/長野県北部地震で被害を受けた同社製品に対し、特別保守サービスを実施する。

 今回の特別保守サービスでは、修理診断費用(動作確認含む)が無料になり、キャンセルした場合でも診断費用はかからない。また、修理作業費用が通常の5割引きになる。部品を交換した場合の部品代は通常価格となる。

 対象製品は、マウスコンピューター/G-TuneブランドのPC全製品、iiyamaブランドの液晶ディスプレイ全製品など。対象地域は、厚生労働省が発表した災害救助法適用地区(東京都は除く)で、適用期間は9月30日までとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「運用系業務アウトソーシング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「運用系業務アウトソーシング」関連情報をランダムに表示しています。

「運用系業務アウトソーシング」関連の製品

「ウハウなし・専門家不在ではじめるAWS。導入や運用はどうする 【アイレット+他】 高可用性DBを構築――ノウハウ不要で始めるクラウド移行 【クラスメソッド+他】 御社製品の保守サポート、IBMに任せてみませんか? 【日本アイ・ビー・エム】 事例:マルチベンダー環境のソフトウェア保守一本化メリットとは 【日本アイ・ビー・エム】 マルチベンダーインフラ保守やトラブル対応をまとめて簡単に 【日本アイ・ビー・エム】
運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング
「ノウハウなし」「専門家不在」ではじめるAWS、導入・運用はどう任せる? あの不動産情報会社がOracle DBからAmazon Auroraへ移行したわけ ITベンダーの人手不足解消となるか――保守インフラサービスはどこまでできる? 導入したソフトを全部理解して、24時間365日常駐で保守……は無理だから。 インフラ周りは管理も運用も複雑で……ベンダーが混在する環境はどう整理する?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033708


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 運用系業務アウトソーシング > 運用系業務アウトソーシングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ