CAC、マルチデバイス対応のSaaS型スマートデバイス管理を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CAC、マルチデバイス対応のSaaS型スマートデバイス管理を提供


掲載日:2011/04/04


News

 株式会社シーエーシー(CAC)は、ソフトバンクBB株式会社の協力のもと、デバイス管理ツール「MobileIron MDM」(開発元:米国MobileIron社)を活用したスマートデバイス管理サービス「C‐nu@ge MDM」の提供を開始した。

 「C‐nu@ge MDM」は、「MobileIron MDM」をベースに、CACのエンタープライズ・システムの運用管理ノウハウを組み合わせたサービス。スマートデバイスを利用した、社外からのセキュアで簡単な接続と利用を行なえ、スマートデバイスを積極活用するためのセキュリティの確保やPCと同レベルの管理を行なえる。また、マルチデバイス対応(iPhone、iPad、Androidなど)なので、通信キャリアに非依存でスマートデバイスを集中管理できる。

 地下鉄などインターネット接続不可の環境でもメール/スケジュールの閲覧・作成を行なえるほか、社内サーバ内の各種ドキュメントをダウンロードして閲覧できる。端末内に保存された情報は、パスコードロックの強制やローカルワイプ/リモートワイプ機能で保護できる。また、デバイス情報を一元管理でき、デバイスの設定・構成情報を一元管理し、リモートで端末のコントロールを行なえる。各デバイスの構成情報について各種レポート機能を装備している。

 SaaS型でサービス提供されるため、自社設備は不要。App Storeからモバイルデバイス管理ツール用Agentをダウンロードすることで利用を開始できる(iPhone、iPadの場合)。また、端末を紛失した場合は、サポートデスクに連絡してリモートワイプ対応を行なえる。

 オプションの「Exchange接続サービス」では、社内のMicrosoft Exchange Serverとセキュアに接続でき、スマートデバイス管理サービスと連携して許可されたデバイスからのみ接続できる。その他オプションサービスで、VPN接続サービス/Wi-Fi導入支援/ワンタイムパスワード/端末キッティングが用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「MDM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「MDM」関連情報をランダムに表示しています。

「MDM」関連の製品

こんな会社ならMDMが無くても大丈夫……さて、あなたの会社は? 【日本アイ・ビー・エム】 Trend Micro Mobile Security 【ソフトバンク コマース&サービス】 MDMサービス「Optimal Biz」 【ソフトバンク コマース&サービス】 モバイルPC 盗難・紛失対策サービス 【日立ソリューションズ】 BYOD導入を決めた企業が心掛けるべき「10のオキテ」とは? 【日本アイ・ビー・エム】
MDM MDM MDM MDM MDM
こんな会社ならMDMが無くても大丈夫……さて、あなたの会社は? ウイルス、スパイウェア、不正アクセスなどの脅威防止に加え、認証&暗号化技術で紛失・盗難時の情報漏洩えいを防ぐ、スマートフォン総合セキュリティ製品。 3万5000社以上が利用する国内シェアNo.1のMDMサービス。スマートフォンやタブレット端末の管理、セキュリティ対策をサポート。500機種以上のデバイスに対応。 モバイルPCに対してリモートロックやリモートワイプ等によるセキュリティ対策を提供。盗難にあったPCの回収支援も行う。 BYOD導入を決めた企業が心掛けるべき「10のオキテ」とは?

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033706


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > MDM > MDMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ