レノボ、企業向けメインストリーム・ノートブックPC 2機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レノボ、企業向けメインストリーム・ノートブックPC 2機種を発売


掲載日:2011/03/30


News

 レノボ・ジャパン株式会社(レノボ)は、企業向けメインストリーム・ノートブックPC「ThinkPad L」シリーズの新製品「ThinkPad L520」と「ThinkPad L420」の2機種を発売した。

 両機種とも、インテル社の最新型Core iシリーズプロセッサを搭載し、レノボのLenovo Enhanced Experience 2.0 for Windows 7、Web会議を快適に使用できる新機能などを搭載しながら、廉価を達成している。また、全モデルがENERGY STARに適合するなど、環境に配慮した設計を採用している。

 新しい省電力マネージャを搭載していて、バッテリからPCを駆動するか、ACアダプタからPCを駆動するかのスケジュールを設定でき、電力消費量がピークに達する時間帯の電気の使用を自動的に回避することで、電気消費量の削減を支援する“ピークシフト機能”が搭載されている。

 いずれも、Core i7-2620Mプロセッサ、Core i5-2520Mプロセッサ、Core i3-2310Mプロセッサなどから選択できるほか、モバイル インテル HM65 Express チップセット、モバイル インテル HDグラフィックスを搭載している。最大8GBのDDR3メモリ、最大500GBのHDDを搭載できるほか、OSにはWindows 7 Professional(32ビット)正規版を搭載している。また、最薄部の厚さは32.0mm、重さは2.61kg(標準の6セルバッテリ搭載時)となっている。

 「ThinkPad L420」は、LEDバックライト付14.0インチ16:9ワイドHD TFT液晶(1366×768ドット)を採用していて、バッテリ駆動時間は最大約5.5時間となっている。また、「ThinkPad L520」は、LEDバックライト15.6インチ16:9ワイドHD TFT液晶(1366×768ドット)を採用していて、バッテリ駆動時間は最大約6.2時間となっている。Microsoft Office Personal 2010搭載モデルも選択できる。

 PCパフォーマンスを最適化する“Lenovo Enhanced Experience 2.0 for Windows 7”に対応。“Lenovo RapidBoot Technology”が組み込まれていて、様々な占有最適化技術を使用してより早い起動/シャットダウンを行なえる。また、全モデルがEPA(米国環境保護庁)の推奨する省電力化プログラム“ENERGY STAR”に適合しているほか、より優れた環境属性を有する、EPAの“EPEAT Gold”に認定されている。


出荷日・発売日 2011年3月29日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033649


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ