コネクトワン、モバイルアクセスソフトをオープンソース公開化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コネクトワン、モバイルアクセスソフトをオープンソース公開化


掲載日:2011/03/29


News

 株式会社コネクトワンは、社内システムへのモバイルアクセスを行なえる「ConnectONE Community Edition」のソースコードをオープンソース(GPL)化すると発表した。

 「ConnectONE」は、携帯電話やスマートフォンから社内システムへのモバイルアクセスを行なえるサーバソフトウェア。今回、オープンソース化され、より多くの技術者が容易に扱えるようにパッケージ化された。

 接続対象サーバ/接続機能は、Lotus Notes/Domino 6.5/7.0/8.0/5.5のメール・予定表・アドレス帳、Exchange 2003/2007/2010のメール・予定表・アドレス帳・他人の予定・仕事・メモ、POP/SMTPのメール・日付検索。対象クライアント端末は、cHTML(携帯電話、PHSブラウザ)、HTML(PC、スマートフォンブラウザ)。

 商用ライセンスで開発されるコネクタの機能と同レベルのものが、バージョンアップとして随時フィードバックされる予定になっているほか、オープンソース公開にともない日本語/英語によりコミュニティサイトもオープンし、技術問い合わせの受付や、技術情報・バグ情報の開示も行なう予定。

 オープンソース化されたことで、様々な規格の企業内システムの連携を図り、利用者からのフィードバックを得ることで、更により多くのシステムへの連携性を拡充させる。また、IT投資の削減、システム構築の低コスト化を図る市場ニーズに対して、単なる試供版ではなく、オープンソースとしてソースコードや技術情報を積極的に公開することで、より多くの企業が「ConnectONE」を利用、評価できる。

 商用ライセンスとの違いは、商用サポート・商用品質保証がないこと(問い合わせはコミュニティサイトのみで受け付け)、シングルサインオンなど認証機能拡張やカスタマイズ拡張のためのモジュールがないこと、端末ID認証・ファイルダウンロード禁止などセキュリティ上公開できない機能があること、提携パートナー製品などへの連携モジュールがないこと。ただし、機能拡張などは、商用版が備えるモジュールが公開されないという意味で、コミュニティ内での類似機能の開発を制限するものではない。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033630


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ