提携:サイファー・テックなど、Android/iOSに対応したDRM発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:サイファー・テックなど、Android/iOSに対応したDRM発売


掲載日:2011/03/28


News

 サイファー・テック株式会社は、Android端末・iPhone/iPadへのセキュアなコンテンツ配信を可能にするDRMソリューション「CypherGuard on Android」「CypherGuard on iOS」を発売した。

 「CypherGuard on Android」「CypherGuard on iOS」は、各OS上で動作するクライアントプログラムと、同社がASP(SaaS)提供する認証サーバで構成される。保護されたデジタルデータは、利用可能な端末台数や有効期間指定などの様々なルールに基づいて、許可されない閲覧や違法コピー、改ざん行為などから守られる。

 クライアントモジュールは、DRMに求められる機能を備えた開発キット(ライブラリ)の形態で提供できる。アプリケーションに組み込むことで、高度なDRM機能を搭載できる。また、ライブラリを利用することで、電子書籍配信で用いられるPDFやEPUB、画像ファイル、MP4/MP3などの動画・音声データなど様々なデータフォーマットに対応できる。

 認証サーバがASP形態で提供されるため、インフラ投資やサーバ運営が不要。また、同社が別途提供する「CypherGuard on Windows」「CypherGuard on Mac」と併用することで、PC・Android・iPhone/iPadなど様々なコンピュータプラットフォームに対して安全なコンテンツ配信/データ配布が可能になる。

 同社では、株式会社CSK/株式会社セキュアブレインと、技術面や販売・マーケティング面などで協業し、両社をはじめとしたビジネスパートナ経由でも同ソリューションを販売する。なお価格は、初期導入費用が150万円から、月額利用料が5万円からで、利用形態により変動する。


出荷日・発売日 2011年3月25日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】 Entrust(R) Web認証・アクセス制御ソリューション 【エントラストジャパン】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 AXIOLE 【ネットスプリング】 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】
認証 認証 認証 認証 認証
Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 世界中1000万以上のユーザを持つ認証セキュリティ強化ソリューション。
コスト効率に優れ様々な認証を組み合わせ利用可能。
スマートフォンOS対応トークンも提供。
Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033608


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ