日本ソフト販売、顧客データを業種と地域から分析するツール発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ソフト販売、顧客データを業種と地域から分析するツール発売


掲載日:2011/03/25


News

 日本ソフト販売株式会社は、事業者(企業・店舗・団体など)が保有する顧客データを業種と地域から多角的に分析するツール「業種分析マスターチェック」を発売した。価格は、3万8000円(税込)となっている。

 「業種分析マスターチェック」は、顧客データを業種と地域から分析する“業種分析”機能と、顧客データの正確性をチェックする“住所正誤チェック”機能を備えている。

 “業種分析”機能では、ユーザが保有するマスタデータを、同製品に収録されている“グリーンページデータ”(1005種類の業種ジャンルに分類した企業電話帳DB約820万件)と比較し、業種分析の対象データを導き出す。このデータを基に業種分析を行ない、全国または各市区町村ごとに業種傾向を分析したり、業種ごとに地域の傾向を分析できる。地域別業種比率/業種別地域比率/業種カバー率/業種トップ10など、顧客傾向を様々に分析し、表やグラフでレポートできる。これにより、顧客の業種構成や特定業種に占める割合などを、地域ごとに把握できる。分析結果から営業ターゲットを絞り込み、マーケティングを強化して売り上げ向上を図れる。

 “住所正誤チェック”機能では、ユーザが保有するマスタデータを、同製品に収録されているDB(全国の最新電話帳DB、市区町村統廃合情報、郵便番号辞書)と比較し、住所・氏名・郵便番号が異なる情報を見つけ出す。住所表記が間違ったデータや連絡不能なデータ、市区町村合併に対応していないデータをチェックして一覧表示でき、チェック結果から確認や修正を行なえる。


出荷日・発売日 2011年3月25日 発売
価格 3万8000円(税込)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

フーターズに聞く、リピート顧客獲得のためのO2O戦略 【東日本電信電話】 顧客離反を防ぐ「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル 【セールスフォース・ドットコム】 Experian Cross-Channel Marketing Platform 【エクスペリアンジャパン】 Oracle Sales Cloud 【日本オラクル】 統合型CRMソリューション Visionary 【フュートレック】
CRM CRM CRM CRM CRM
フーターズに聞く、リピート顧客獲得のためのO2O戦略 顧客離反を防ぐ3つの方法――「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル BtoC企業向けMA。保有する顧客データを一元化してセグメントを切り、セグメントごとにキャンペーンシナリオを設計、クロスチャネルで実行するためのプラットフォーム。 エンタープライズクラスの最新の営業機能を網羅した顧客管理/営業支援システム。SaaS型クラウドサービスとして提供。 「顧客を知る」ための多彩な機能を備え、マーケティング施策の効果向上を支援するCRM(顧客管理)ソリューション。
O2Oに対応した機能により、店舗とECの統合管理が可能。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033589


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ