BUFFALO、HDMI対応液晶ディスプレイ等を共有できる切替器を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


BUFFALO、HDMI対応液晶ディスプレイ等を共有できる切替器を発売


掲載日:2011/03/23


News

 株式会社バッファローコクヨサプライ(BUFFALO)は、PC&HDMI切替器「BSKMHD301」を4月中旬より発売する。価格は、1万3100円となっている。

 「BSKMHD301」は、幅178mm×奥行き82mm×高さ25mm/重さ約350gで、1組のHDMI対応液晶ディスプレイ、USBマウス、USBキーボードを、2台のPC、1台のAV機器で共用できる。本体に切替スイッチを搭載していて、簡単に切替を行なえる。同切替器の電源のオン/オフや選択中の機器が分かるLEDを搭載しているほか、ACアダプタ不要のバスパワー仕様を採用している。なお対応OSは、Windows 7/Vista/XP(いずれも32ビット/64ビット)となっている。



出荷日・発売日 2011年4月中旬 発売
価格 1万3100円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他仮想化関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他仮想化関連」関連情報をランダムに表示しています。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033568


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ