オープンエンド、InDesign上で動作する帳票等作成ソフトを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オープンエンド、InDesign上で動作する帳票等作成ソフトを発表


掲載日:2011/03/23


News

 株式会社オープンエンドは、Adobe InDesign上で動作するビジネスフォーム・帳票作成ソフト「BFX Pro」をリリースする。価格は、38万円となっている。

 「BFX Pro」は、Illustrator版「BFX Designer」をInDesignに移植し、更に機能を強化したもの。分数インチやカラムといった単位系とカーソル自動吸着機能を装備し、座標指示、離れ量指定、描画と分割線発生、表中文字組版などを、正確かつ効率的に行なうための様々な機能が搭載されている。

 制作対象に合わせて単位系やグリッド、スナップなどを設定でき、インチ・ミリ・級数・ポイントの混在処理・混合計算処理を行なえる。また、背景にグリッドを、指定したカラー・単位系で表示できる。背景グリッドやオブジェクトにカーソルを自動吸着できるため、作図や組版を正確に素早く行なえる。表罫線やボックスを作成できる機能も備えている。

 繰り返しが必要な作業手順を簡略化できるオブジェクト編集機能が搭載されている。カーソル吸着機能を活用して正確に素早く移動や複写を行なえ、移動・複写距離指定にはカラムや分数インチを含めた各種単位系を使用できる。オブジェクトの並び変更、ストレッチ、距離測定といった機能も備えている。

 テキストのどこ(左上・中央などの9点)を、“線分の端点・中点・交点やボックス領域や指定した領域の、どこに、どれだけ離して合わせるか”を指定できる。カーソル吸着機能を利用して開始点を容易に指定できる。また、行長または、指定領域の前後マージンを指定した行長フィット(はみ出し変形と頭末揃えを同時に実行)と、行送り方向への行高フィットを指定して実行できる。BF用テキスト編集機能や、ユーザトンボ作成・配置機能も備えている。

 Windows版/Mac版 InDesign CS4・CS5上で稼働する。なお同製品は、株式会社シーエフシーと共同で開発された。


出荷日・発売日 −−−
価格 38万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「帳票管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「帳票管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「帳票管理システム」関連の製品

メインフレームの帳票出力をオープン化、プログラム改修なしに実現する方法とは 【ウイングアーク1st】 低コストで脱Excel化、帳票発行から入出金管理まで対応の業務改善ツールとは? 【スプレッドオフィス】 電子活用ソリューション SPA 【ウイングアーク1st】 Excelはもう時代遅れ――作成わずか1分、クラウドでの帳票発行で業務を効率化 【スプレッドオフィス】 クラウド型帳票基盤ソリューション SVF Cloud 【ウイングアーク1st】
帳票管理システム 帳票管理システム 帳票管理システム 帳票管理システム 帳票管理システム
メインフレームの帳票出力をオープン化、プログラム改修なしに実現する方法とは 低コストで脱Excel化、帳票発行から入出金管理まで対応の業務改善ツールとは? SPAは電子帳票の保管から破棄までの一元的なライフサイクル管理を実現し、アナログな業務プロセスを自動化し、業務効率向上を実現。 Excelはもう時代遅れ――作成わずか1分、クラウドでの帳票発行で業務を効率化 国内1万8000社以上が導入する帳票システムのクラウドソリューション。既存帳票を利用した帳票設計、データソースと連携した帳票作成、帳票のデータ出力や直接印刷も可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033562


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 帳票管理システム > 帳票管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ