アジア航測、車載型レーザー計測システムのサービスを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アジア航測、車載型レーザー計測システムのサービスを開始


掲載日:2011/03/23


News

 アジア航測株式会社は、モービルマッピングシステム(MMS)「GeoMaster NEO」のサービスを開始する。

 モービルマッピングシステムとは、正確に道路地物の3次元位置を計測するシステム。GPS(全地球測位システム)とIMU(慣性計測装置)を利用した車両の位置・姿勢計算と、車両などに搭載したセンサで計測したレーザデータ/カメラ画像から、車体の揺れや路面の傾斜に関わらず正確な計測を行なえる。

 今回開始される「GeoMaster NEO」のサービスは、100m以上の長レンジを計測でき、走行した道路上に加え、周辺の建物や斜面など広範囲のデータを取得できる。高精度の計測能力を活用して、道路平面図の作成に加え、防災点検や設備点検、更にはITS(高度道路交通システム)や映画・ゲームなどの3D市場に応用できる。

 水平位置は、GPSと高精度IMUに加え、光軸オドメーターを利用することで、10cmオーダーの計測を行なえる。長レンジのレーザースキャナを採用していて、毎秒30万回の距離測定を行なえる。また、走行中はデジタルスチルカメラを利用して周辺画像を取得できるほか、全周囲デジタルカメラを装備することで全周囲画像を取得でき、新しい3次元計測手法を利用できる。専用車両に加え、地上車両・鉄道・船舶などのプラットフォームに搭載できる。

 今後は、「GeoMaster NEO」の利便性を更に向上させるため、「GeoMaster NEO」で取得される画像データから3次元地図作成を行なうソフトウェアと閲覧用のビューアソフトウェアの開発・販売を計画している。3次元地図作成ソフトウェアは、同社の航空写真図化ソフトウェア「図化名人」のノウハウを活用して開発し、「GeoMaster NEO」に加え他メーカのモービルマッピングシステムから取得されたデータも利用できるようにし、効率的な3次元地図作成作業を行なえる。

 ビューアソフトウェアは、SDK(ソフトウェア開発キット)として提供され、既存のGIS(地理情報システム)との連携を容易に行なえるようにすることで、同社の統合型GIS商品「ALANDIS NEO」や、他メーカのGISソフトウェアとのデータ連携を行ない、基盤地図情報の更新の効率化や3次元地理空間情報の整備・流通を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033557


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > GPS > GPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ