日本ラッド、災害救難支援用サーバを無料提供、サーバ復旧も支援

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ラッド、災害救難支援用サーバを無料提供、サーバ復旧も支援


掲載日:2011/03/23


News

 日本ラッド株式会社は、今回の震災により、被害に遭遇したユーザなどへの支援策の一環で、地方自治体や公共団体など向けの救難支援として、災害救難支援用のインターネットサーバの無償提供やサーバ復旧を行なうための支援活動を行なう。

 今回提供されるのは、“SaaSes”ブランドで提供しているIaaS(Infrastructure as a Service)で、6ヵ月間無償で提供される。対象サービスは、「Osukiniサーバー」(Linux仮想専用サーバ)、「ThunderHead」(Windows仮想専用サーバ)、「シルバーストーム」(Web&メールホスティングサーバ)で、その他のサービスについては別途問い合わせが必要。これらのサービスを利用することで、復旧に関する各種情報サイト構築、連絡用メールサーバ(メールアドレス、メーリングリストの運用など)、事務系処理、グループウェアの利用、SNS・ブログ・Twitterなどのコミュニケーションツールの運用を行なえる。

 担当者の不在などによりインターネットサーバの利用ができない場合には、同社でネット上から、より可能な範囲でサーバなどの現状調査を行ない、できる限りのサーバ復旧の支援も行なう。

 申し込み期間は、当面4月30日までだが、状況により延長することも検討される。なお、対象者は、被災地域の地方自治体、被災地域の地方公共団体、被災地域の大学など各種教育機関、被災者支援を行なう非営利団体などとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

今まで慎重だった経営者が最新クラウド戦略「リフト&シフト」を受け入れる理由 【日本アイ・ビー・エム】 Oracle Cloud Platform 【日本オラクル】 「クラウドはムリ」と諦めていた、企業システムのためのIaaS 【日本オラクル】 Oracle Cloud Platform 【日本オラクル】 IBM i上の基幹システムをクラウドへ移行する5つのポイント 【日本情報通信】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
今まで慎重だった経営者が最新クラウド戦略「リフト&シフト」を受け入れる理由 パブリッククラウド主要3社を比較、性能・価格に優れたIaaSはどれ? パブリッククラウドへ移行したいが、性能やライセンス、セキュリティ課題が原因で移行できないシステムはないだろうか。こうした壁を取り払う「第2世代のIaaS」とは。 要チェック!差別化が進むパブリッククラウドサービス最先端 長年にわたり「IBM i(AS/400)」で運用し続けてきた基幹システムは、まさに自社の業務ノウハウの結集だ。経営に欠かせないこの重要資産を今後も生かしていく道とは。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033537


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ