日本ラッド、災害救難支援用サーバを無料提供、サーバ復旧も支援

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ラッド、災害救難支援用サーバを無料提供、サーバ復旧も支援


掲載日:2011/03/23


News

 日本ラッド株式会社は、今回の震災により、被害に遭遇したユーザなどへの支援策の一環で、地方自治体や公共団体など向けの救難支援として、災害救難支援用のインターネットサーバの無償提供やサーバ復旧を行なうための支援活動を行なう。

 今回提供されるのは、“SaaSes”ブランドで提供しているIaaS(Infrastructure as a Service)で、6ヵ月間無償で提供される。対象サービスは、「Osukiniサーバー」(Linux仮想専用サーバ)、「ThunderHead」(Windows仮想専用サーバ)、「シルバーストーム」(Web&メールホスティングサーバ)で、その他のサービスについては別途問い合わせが必要。これらのサービスを利用することで、復旧に関する各種情報サイト構築、連絡用メールサーバ(メールアドレス、メーリングリストの運用など)、事務系処理、グループウェアの利用、SNS・ブログ・Twitterなどのコミュニケーションツールの運用を行なえる。

 担当者の不在などによりインターネットサーバの利用ができない場合には、同社でネット上から、より可能な範囲でサーバなどの現状調査を行ない、できる限りのサーバ復旧の支援も行なう。

 申し込み期間は、当面4月30日までだが、状況により延長することも検討される。なお、対象者は、被災地域の地方自治体、被災地域の地方公共団体、被災地域の大学など各種教育機関、被災者支援を行なう非営利団体などとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

VMwareの移行先として「IBM Cloud」は本当に“使える”のか? 【日本アイ・ビー・エム】 クラウド基盤サービス NEC Cloud IaaS 【NEC】 パブリッククラウドで金融機関が求めるセキュリティに対応――事例に学ぶ導入法 【日本アイ・ビー・エム】 FIT-Cloudサービス 【北電情報システムサービス】 SAPに最適なクラウドの活用法は? ニーズに合わせて見極めたい3つの選択肢 【日本アイ・ビー・エム】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
企業のクラウド導入が進む一方で、全てをクラウドネイティブに刷新することが正解とは限らない。既存環境を生かしながらクラウドのメリットを享受することはできるのか。 高いコストパフォーマンス、高性能・高信頼が特長のIaaS。セルフサービスポータル画面から、ユーザ自身によりプロビジョニングや他社サービスまで含めた運用管理が可能。 パブリッククラウドで金融機関が求めるセキュリティに対応――事例に学ぶ導入法 自然災害の少ない富山県に立地する高信頼のデータセンターを活用したクラウドサービス。仮想化インフラの構築から運用管理までのトータルサービスで、BCP対策を支援。 SAPに最適なクラウドの活用法は? ニーズに合わせて見極めたい3つの選択肢

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033537


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ