ソフトバンクテレコム、被災企業等へGoogle Appsを1年間無償提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトバンクテレコム、被災企業等へGoogle Appsを1年間無償提供


掲載日:2011/03/23


News

 ソフトバンクテレコム株式会社は、東北地方太平洋沖地震・長野県北部の地震でメールなどが使用不能になった企業や各種団体向けに、「Google Apps for Business」を1年間無償提供する。

 「Google Apps for Business」は、メールに加え、スケジュール管理・ドキュメントなど、グループウェアの基本機能を搭載したクラウド型のアプリケーションサービス。

 今回の無償提供は、Googleが提供する“Google Apps for Business 1年間無料提供プログラム”に基づくもので、ソフトバンクテレコムが用意したドメインを利用する形になる。申し込みから12時間以内で利用できる(受付時間は平日午前9時〜午後6時で、時間により受付業務が翌朝対応になる場合がある)。また、導入後のサポートを、専任組織“SoftBank Google 法人サポートセンター”が提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは 【日本マイクロソフト】 サイボウズ リモートサービス 【サイボウズ】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 クラウドグループウェア 「サイボウズ ガルーン」 【サイボウズ】 「G Suite」を引き離す「Office 365」、移行を急ぐ企業が増えているのはなぜ? 【 日本マイクロソフト】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは 社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内のサイボウズ製品やその他Webシステムへ、パソコン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。 JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。 「G Suite」を引き離す「Office 365」、移行を急ぐ企業が増えているのはなぜ?

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033532


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ