日本IBM、地震被災地で活動する組織へLotusLiveを無償提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、地震被災地で活動する組織へLotusLiveを無償提供


掲載日:2011/03/23


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、「東北地方太平洋沖地震対策 LotusLive 無償提供プログラム」を発表し、被災地で活動する組織を対象に、Webブラウザのみで利用できるLotusLiveのコラボレーションやメール機能を3ヵ月間無償で提供する。

 今回発表されたプログラムの対象は、災害救助法適用地域で情報共有やメールの機能を必要とする、地方公共団体や社会貢献活動・慈善活動を行なう非営利団体など。対象期間は3月14日から7月31日まで(申し込み期限は4月30日まで)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「EIP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EIP」関連情報をランダムに表示しています。

「EIP」関連の製品

Discoveries InSite 【ディスカバリーズ】 Liferay Portal 【イージフ】 Office 365 / Google Apps 各種アドオン導入支援サービス 【サテライトオフィス+他】
EIP EIP EIP
Microsoft Office 365 に含まれる SharePoint Online のアドオン製品。 ガートナー社による評価でリーダーと認定された企業ポータル。オープンソースでありながら多くの大規模導入実績あり。日本語標準対応、日本語サポート体制も整っている。 メールやスケジューラなど、企業の情報系インフラを「所有」から「利用」へチェンジすることで運用・管理の負荷とコストを削減するSaaS型の統合オフィスツール

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033527


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > EIP > EIPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ