日本IBM、緊急情報提供団体等向けにサーバ資源を3ヵ月間無償提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、緊急情報提供団体等向けにサーバ資源を3ヵ月間無償提供


掲載日:2011/03/23


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、東北地方太平洋沖地震の影響により、公共性の高い緊急情報提供向けサーバを必要とする団体などを対象に、サーバ資源を3ヵ月間無償で提供する「東北地方太平洋沖地震対策 IBM Smart Business Cloud 無償提供プログラム」を開始した。

 今回開始されたプログラムの対象は、災害救助法適用地域で緊急情報提供向けサーバを必要とする、地方公共団体や社会貢献活動・慈善活動を行なう非営利団体など。現在の日本国内の電力供給の状況を鑑み、米国・ドイツ・カナダにある複数の海外のIBMクラウド・センタから、緊急情報提供向けの仮想サーバが提供される。無償提供期間は3月13日から7月31日まで(申し込み期限は4月30日まで)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他仮想化関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他仮想化関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他仮想化関連」関連の製品

アプリケーション仮想化ツール Spoon 【双日システムズ】
その他仮想化関連
アプリケーションを改修することなくOSの移行やIEのサポート切れに低コストで対応できるアプリケーション仮想化ソリューション。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033522


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ