日立TO、プロジェクト管理と他システムを連携できる製品を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立TO、プロジェクト管理と他システムを連携できる製品を提供


掲載日:2011/03/11


News

 株式会社 日立東日本ソリューションズ(日立TO)は、プロジェクト管理システム「SynViz」シリーズのオプション機能で、基幹システム/ERPなど他システムとの連携を可能にする「データ連携オプション」の提供を開始した。

 「SynViz」シリーズは、工程・進捗・成果物をWeb環境で共有、一元管理できるプロジェクト管理システム。今回提供開始された「データ連携オプション」では、他システムのデータを「SynViz」に取り込んで活用したり、「SynViz」で作成したデータを他システムに反映するなど、双方のシステム間で情報を共有し同期化できるため、入力の手間やコスト、入力ミスなどのリスクを低減できる。

 プロジェクト新規作成や作業実績情報の取り込みなどの操作を、既存システムに蓄えられている情報を基にして自動で行なえる。これにより、社内システム内の受注情報を使ってプロジェクトを自動作成することや、見積り・部品表から「SynViz」上の線表(アロー)を自動生成すること、「SynViz」のプロジェクト情報を基に自社用の業務帳票を作成することなどが可能になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「プロジェクト管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「プロジェクト管理」関連情報をランダムに表示しています。

「プロジェクト管理」関連の製品

Sciforma 7.0 「PPMソリューション」 【サイフォーマ】 PMBOK準拠プロジェクト管理「SI Object Browser PM」 【システムインテグレータ】
プロジェクト管理 プロジェクト管理
ポートフォリオレベル及びプロジェクトレベルで、スケジュール、リソース、コスト/予算の計画立案と実績の監視・コントロールや意思決定を支援するPPMツール。 ●脱EXCEL! プロジェクトの進捗、コスト、品質を見える化。
●プロジェクト管理を標準化。失敗プロジェクトをなくす。
●7年で130社以上の導入実績。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033483


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > プロジェクト管理 > プロジェクト管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ