NRIセキュア、情報資産を重要度別に識別・整理するソフトを拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRIセキュア、情報資産を重要度別に識別・整理するソフトを拡充


掲載日:2011/03/10


News

 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社は、電子ファイル形式の情報資産を重要度別に識別・整理するソフトウェア「SecureCube/Labeling」シリーズで、「Standard」の追加と「Enterprise」の機能強化を行ない、発売した。

 「Standard」では、管理サーバの導入不要で、社内の機密度のポリシーを統一し、ファイルサーバ内の台帳を自動で作成できる。中小規模の企業や、部門単位での導入を考える企業、クライアントPCの情報資産の利用状況を収集したり結合して管理する必要のない企業が、低コストで導入できる。また、Windowsサーバ上に存在する電子ファイルの管理台帳を自動で毎日作成できるため、NASやファイルサーバ内に蓄積された大量の電子ファイルを簡単に整理でき、社内の情報資産の識別・整理を効果的に行なえる。

 「Enterprise」は、情報資産の利用状況を収集・結合して管理するサーバ向けソフト。今回、「Standard」が備えている“属性情報追加機能”が追加された。同機能では、“機密・関係者限・社内限”などの機密度情報のほかに、ユーザが任意で設定する項目を、電子ファイルのプロパティに追加できる。これにより、“作成部署”“作成日”“有効期限”など、各企業の文書管理ポリシーに沿った項目を追加でき、管理台帳で、より詳細な情報資産の識別・整理を行なえる。

 なお「Standard」のライセンス価格は、利用者が50人の場合、年間10万円からとなっている。


出荷日・発売日 2011年3月9日 発売
価格 −−−

「エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

「エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ」製品レポート

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

最新テクノロジーの活用と充実したサポート体制で実現する“デジタル変革” 【アドビ システムズ 株式会社】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 ASTRUX 2.0 SaaS 【ソフトバンク コマース&サービス】 デジタルトランスフォーメーションの成功にAdobe Document Cloud 【アドビ システムズ 株式会社】 文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
「紙とハンコ」からの脱却 “デジタル変革”を進めるには? CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 企業における一般文書からISO文書や記録などの運用・管理をWebベースに一元管理し、 オフィスにおける文書管理に関わるさまざまな業務を効率化するSaaS型文書管理システム。 紙の削減だけがペーパーレス化? 視点を変えたら見違えた 簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033464


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ