FCL、コンセント単位で消費電力を見える化できる電源タップ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FCL、コンセント単位で消費電力を見える化できる電源タップ発売


掲載日:2011/03/09


News

 富士通コンポーネント株式会社(FCL)は、コンセント単位で消費電力を“見える化”し省エネを支援する電源タップ“スマートコンセント”「FX-5204PS」を4月より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「FX-5204PS」は、1つに4個のコンセントを接続できる電源タップ。1コンセントごとに1W単位で消費電力を検出でき、機器の待機電力まで測れる。検出された値はUSBインターフェース経由で出力でき、添付の簡易測定ソフトウェアを使用してPCで表示できる。更に、別売のゲートウェイ「FX-5250GW」を接続することで、検出されたデータをネットワーク経由で閲覧できる。これにより、例えばスケジューラと連携して利用者の業務と消費電力を関連付けて表示するなど、利用者の省エネに関連付けた行動を期待できる。

 株式会社富士通研究所が開発した非接触型電流センサに新開発の電圧測定回路を組み合わせた電力センサを搭載し、電流と電圧に位相差があっても有効電力を正しく検出できる。また、コンセントごとにオン・オフできるスイッチが付いていて、利用者の利便性を向上させている。

 これらにより、人や機器単位で使用電力のムダ・ムラを“見える化”することで、業務の生産性を損なわずに省エネルギー化を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

ISO55000準拠の設備資産管理でリスク管理と顧客満足度を両立 【インフォアジャパン】 IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】 モバイル対応で過去の資産もムダにしない、資産管理システムの生かし方 【インフォアジャパン】 非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
難しい国際基準への準拠を成功に導くには? アセットマネジメント、導入の勘所 導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。 モバイル対応で過去の資産もムダにしない、資産管理システムの生かし方 エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033442


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ