キヤノン、メガピクセルネットワークカメラと新録画ソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノン、メガピクセルネットワークカメラと新録画ソフトを発売


掲載日:2011/03/08


News

 キヤノンは、ネットワークカメラの新製品「VB-M40」「VB-M600D」「VB-M600VE」「VB-M700F」の計4機種と、ネットワークビデオレコーディングソフトウェア「RM-64」「RM-25」「RM-9」を、5月より順次発売する。

 ネットワークカメラ4機種は、いずれも約130万画素のCMOSセンサを搭載し、最大解像度1280×960ドットの映像を最大毎秒30フレームで高速配信できる。インテリジェント機能を搭載していて、動体検知、置き去り検知など、映像内で発生している状況の変化や周囲の音量の変化を検知できる。異常を検知した際は、アイコンの点灯や、指定メールアドレスへの通知で管理者に知らせることができる。また、ネットワークカメラの標準プロトコル“ONVIF Ver.1.02”に対応している。

 「VB-M40」は、最低被写体照度0.4ルクスでのカラー撮影、“ナイトモード”への切り替えで0.01ルクスの照度での白黒撮影を行なえ、夜間監視に利用できる。“デイナイト自動切り換え機能”を利用することで、昼から夜にかけて緩やかに変わっていく照度の変化にも対応できる。また、最大水平画角55.4度のオートフォーカス機能付き光学20倍(デジタル4倍)ズームレンズを搭載、球面収差や歪曲収差を抑える両面非球面レンズを採用していて、鮮明な映像を撮影できる。振動による画像ブレを軽減するブレ補正機能を備えている。

 「VB-M600D/VB-M600VE/VB-M700F」は、解放絞値F1.2、水平画角100度を超える超広角ズームレンズを搭載している。「VB-M600D/VB-M600VE」は、設置後にドームカバーを外さずに、PCからカメラアングルやズーム位置を遠隔操作で設定できる“カメラアングル設定ツール”を搭載している。また、「VB-M600VE」は、優れた耐衝撃仕様と防塵防水仕様を備えている。

 「RM-64/RM-25/RM-9」は、メガピクセルネットワークカメラの映像表示/録画/再生を行なえるソフト。H.264に対応し、高フレームレートを維持しながら、データ量の抑制を図れる。それぞれ最大で64台/25台/9台のカメラ映像を録画できる“録画サーバーグループ”を5つまで管理でき、最大で320台/125台/45台のネットワークカメラを一括管理できる。キーワード検索機能を搭載していて、監視場所の映像を容易に検索できるほか、システム障害時に作動する“フェイルオーバー機能”や、1台のカメラ映像を2台の録画サーバに同時に録画できる“二重化モード”を搭載している。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033422


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > ネットワークカメラ > ネットワークカメラのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ