DNP、期間・費用の低減を図れるNFC対応認証をパッケージで提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNP、期間・費用の低減を図れるNFC対応認証をパッケージで提供


掲載日:2011/03/08


News

 大日本印刷株式会社(DNP)は、家庭などのPCを使用して、非接触ICカード内の情報の読み書きを、インターネット経由で安全に行なえる、次世代通信規格“NFC”対応の認証サービス「スマートエージェンシー」を開発、サービス事業者向けに、システム構築時に必要なICカードやリーダ・ライタの個別仕様への対応を、パッケージで提供する。

 「スマートエージェンシー」では、使用するICカードコマンド、リーダ・ライタ情報、暗号化情報などをDNPが運用するサーバに登録し、サービスごとに情報を組み合わせて使用することで、サービス事業者はソフトウェア開発期間や費用の低減を図れる。また、ICカードとリーダ・ライタの情報をDNPサーバのDBに登録することで、利用を開始でき、その都度プログラムコードの作成は不要。更に、ICカードの暗号化機能を利用することで、安全なデータ通信を行なえる。高セキュリティなDNPサーバが運用を代行するため、ファシリティやセキュリティ体制の整備負担の軽減も図れる。

 また、利用者は、PCに専用ソフトウェアをダウンロードし、サービス事業者から指定されたリーダ・ライタを接続することで、サービスを利用できる。

 ASPで提供されるため、新たなサーバの用意は不要で、短期間でサービスを開始できる。現在は、TypeAカードのMIFARE UL/Classicに対応している。用途に合わせてその他のTypeAカードやTypeBカード、FeliCaへの機能拡張が行なわれる。また将来は、PCに加えスマートフォンからも安全に通信できるサービスの開発も行なわれる。

 これにより、自宅でICカードのポイント情報をPCで閲覧したり、電子チケットデータをDNPサーバからICカードにダウンロードできるほか、店舗で会員ICカードを即時発行したり、クーポン利用やポイント付加、ICカード内の有効期限データの更新といったことを行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

モバイル向け端末認証サービス 「サイバートラスト デバイスID」 【ソフトバンク コマース&サービス】 高水準SSLサーバ証明書 SureServer/SureServer EV 【ソフトバンク コマース&サービス】 法律家に聞いた!不正送金への対策と、被害に遭ったらすべきこと 【KDDI】 多要素認証基盤「IceWall MFA」 【日本ヒューレット・パッカード】 AXIOLE 【ネットスプリング】
認証 認証 認証 認証 認証
私用スマートフォンと会社が貸与/許可した端末の識別を、デバイス証明書を利用することで、難なく実現するサービス。手間をかけずに安全なネットワークを運用できる。 世界で高い評価を受けるSSLサーバ証明書。証明書の発行にありがちな煩雑な手続きを極力省き、確かな企業審査を行った信頼性の高い証明書をスピーディに発行する。 法律の専門家に聞いてみた:もし不正送金されたらどうなる? Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033421


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ