JS3、プライベート認証局製品の新バージョンを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JS3、プライベート認証局製品の新バージョンを発売


掲載日:2011/03/08


News

 株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ(JS3)は、プライベート認証局製品「プライベート CA Gleas」の新バージョン「1.8」を、3月31日より発売する。

 今回の新バージョンでは、iPhone Over-the-Air Enrollment(OTA)に対応したことで、iOSデバイスへの構成プロファイル/クライアント証明書配布機能が更に強化された。対象となるiPhone/iPadの端末識別情報を取得することで、接続してきたデバイスが許可されたものかどうかを厳密に確認した後に、鍵の生成と証明書を発行できる。ユーザ認証に加え端末認証を行なって配布することで、セキュリティ強化と利便性向上を図れる。

 GMOグローバルサイン社のパブリックルート署名サービスに対応したことで、パブリックな証明書の発行が可能になった。発行された証明書は、各種OS・携帯電話などで信頼されるものとして認識されるため、不特定な相手とのやりとりに適している。

 1システムで複数のエンドユーザグループ(企業など)をサポートする“マルチテナント機能”が向上したほか、クライアント証明書をダウンロードできる専用Web(UA)から制限ユーザでの証明書インポート(インポート用ActiveXのインストール)を行なえるようになった。また、iOSの構成プロファイルにより、あらかじめ指定した接続先へのアクセス時に自動的にVPN接続するオンデマンドVPNに対応した(F5ネットワークス・シスコシステムズ・ジュニパーネットワークス)。

 Android/FOMAの対応デバイスが追加され、Android証明書やFOMA「オリジナル証明書」のダウンロード機能に対応した。また、SCEP(Simple Certificate Enrollment Protocol)やHSM(ハードウェア・セキュリティ・モジュール)にも対応した。


出荷日・発売日 2011年3月31日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

監視・検知システムのSIEMは運用管理の負担軽減に貢献するのか。 【フォーティネットジャパン】 モバイル向け端末認証サービス 「サイバートラスト デバイスID」 【ソフトバンク コマース&サービス】 Entrust(R) Web認証・アクセス制御ソリューション 【エントラストジャパン】 若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】 “情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】
認証 認証 認証 認証 認証
企業のネットワークが複雑化するにつれ、セキュリティ管理者が監視すべきログも増えていく。監視・検知システムのSIEMはどのように運用管理の負担軽減に貢献するのか。 私用スマートフォンと会社が貸与/許可した端末の識別を、デバイス証明書を利用することで、難なく実現するサービス。手間をかけずに安全なネットワークを運用できる。 世界中1000万以上のユーザを持つ認証セキュリティ強化ソリューション。
コスト効率に優れ様々な認証を組み合わせ利用可能。
スマートフォンOS対応トークンも提供。
なぜ創業290年の老舗銀行は「顧客接点のデジタル化」に踏み切ったのか もし知らないなら危険 情報漏えい対策「データセキュリティ4カ条」

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033408


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ