AnzenとZAK、建物敷地内でのコミュニケーションツールを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


AnzenとZAK、建物敷地内でのコミュニケーションツールを発売


掲載日:2011/03/07


News

 株式会社AnzenとZAK株式会社は、統一製品ブランド「AtoZ」を展開し、製品とソリューションを提供する。その第1弾として、病院内での受診待ち、会計待ちなどの呼出用途や、従業員への業務連絡などの利用目的で、建物敷地内コミュニケーションに利用できる「呼びタン」を4月1日より発売する。価格は、2万8000円(初年度無償保証含む)となっている。

 「呼びタン」では、建物敷地内でのコミュニケーションを簡便な方法で提供できる。1人ひとりに的確なメッセージを送ってコミュニケーションを図れるほか、定型文の返信を返すこともできるため、業務連絡用途でも利用できる。また、幅85mm×奥行き55mm×高さ12.7mm/重さ約100g以下とコンパクトなデザインで、メッセージの送信、定型文の返信を行なえる端末になっている。毎月の通信コスト不要で利用できる。

 ペンを使用した簡単操作で指定端末にメッセージを送信できるなどの使いやすさを備えていて、簡単な操作で定型文または任意文字列のメッセージを送信できるほか、返信文をあらかじめ受信端末に設定しておくことで、受信者が返信文を選択して返信できる。導入に際しては、基本的には特殊な工事は不要で、建物敷地の状況によって通信可能なエリアを確保するために中継機を設置する際にも、電源コンセントにさすだけで利用できる。

 IEEE.802.15.4の通信規格を使用して通信を行ない、中間に中継機を設置することで、広範囲での双方向通信を行なえる。定期的に送信機と端末間でコミュニケーション確認を行ない、どの中継機を経由してコミュニケーションが行なわれたかなどの情報を取得できるため、端末が圏外に出たことや、どの中継機の近くに存在するかなどの情報を取得できる。

 また、「呼びタン」を容易に導入・活用するための2つのキット、定型文呼出しキット「SMC呼びタンキット」、「呼びタン」デベロッパーズキットが用意されている。「SMC呼びタンキット」では、SMC(Simple Microdot Code)という印刷物のデザインを邪魔しないオリジナルコードを使用して、SMCペンでの簡便な操作で指定端末にメッセージを送信できる。「呼びタン」デベロッパーズキットでは、「呼びタン」を既存のシステムに組み込んだり、新たにシステムを開発するための開発者用キットで、「呼びタン」の制御用DLLに加え、SMCコードを利用したSMCペンの制御用DLL、サンプルプログラムが提供される。



出荷日・発売日 2011年4月1日 発売
価格 2万8000円(初年度無償保証含む)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワーク関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワーク関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワーク関連」関連の製品

DHCPアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
その他ネットワーク関連
Made in JAPANの省電力DHCPアプライアンスサーバ。シリーズ全製品、異拠点間での冗長構成が可能。IPv6対応、設定やセキュリティ機能も充実。DNSサーバ機能搭載

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033407


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ