高電社、精度が向上した中国語翻訳ソフトの新バージョンを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


高電社、精度が向上した中国語翻訳ソフトの新バージョンを発売


掲載日:2011/03/07


News

 株式会社高電社は、中国語翻訳ソフトの新バージョン「J北京7」シリーズを4月1日より発売する。

 「J北京」は、翻訳ソフトウェア開発のノウハウと、言語処理技術との組み合わせで高い翻訳精度を備えている。今回発売される「J北京7」シリーズでは、翻訳精度の向上に加え、使いやすさの向上が図られている。また、標準版の「J北京7 スタンダード」、専門用語辞書搭載の「J北京7 エキスパート」、中国語入力「ChineseWriter9」や辞書ソフト「中国語デジタルマルチ大辞典」などを搭載した「J北京7 プレミアム」の3製品が用意されている。

 翻訳精度を向上させる“タイトル翻訳”を備えていて、見出しと本文の訳し分けができるようになった。同技術はすでにECサイトで導入されていて、翻訳精度が向上している。また、ファイルエクスプローラからファイルを開かずに翻訳できる“ファイル翻訳”が、PDFファイルにも対応し、複数のビジネス文書をレイアウトそのままに翻訳でき、作業の効率化を図れる。

 習慣的に中国語を学習する“J北京ナビゲータ クイックスタディ”を備えていて、知りたい単語やフレーズをサッと選んでクリックすることで、翻訳、辞書検索、音声の読み上げを行なえる“クイックスタディ機能”を搭載している。「J北京7 プレミアム」に同梱されている「ChineseWriter9」をインストールすることで、辞書機能が強化され、5冊の辞書を使用できるようになる。

 優れた文字認識率、レイアウトの再現性を備え、186言語に対応した、ABBYY社の多言語OCRソフト「FineReader 10 Professional Edition」を標準搭載していて、新聞や書籍などの紙情報を素早くデータ化できる。PDFファイルに加え、デジカメやモバイルで撮影した画像、バーコードも認識するなどの機能を備えているほか、優れた操作性で直観的に使用できる。

 なお価格は、「J北京7 スタンダード」が4万7250円、「J北京7 エキスパート」が6万8250円、「J北京7 プレミアム」が8万9250円(いずれも税込)で、それぞれにアカデミック版も用意されている。


出荷日・発売日 2011年4月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PDFソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PDFソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「PDFソフト」関連の製品

PDF帳票生成エンジン SVF for PDF 【ウイングアーク1st】
PDFソフト
日本固有の緻密な帳票を生成するPDFエンジン。高精細かつピーク時の同多重アクセスへの対応により、バーコードや画像の貼付けなどハイグレードなPDFの活用・効率化を支援。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033406


IT・IT製品TOP > PCソフト > PDFソフト > PDFソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ