日本アバイア、ビジネスアプリに音声機能等を統合できる製品提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本アバイア、ビジネスアプリに音声機能等を統合できる製品提供


掲載日:2011/03/07


News

 日本アバイア株式会社は、ビジネスアプリケーションにリアルタイムコミュニケーション機能(音声、ビデオ、プレゼンス機能など)を容易に統合する「Avaya Agile Communication Environment(Avaya ACE)」の提供を開始した。

 「Avaya ACE」は、SOA(サービス指向アーキテクチャ)とWebサービスをベースにしたCEBP(CommunicationEnabled Business Process)ソリューション。複雑なSIP/CTIプロトコルを簡略化したコミュニケーションサービス用API(Application Program Interface)が提供され、従来のCTIをベースにした開発に比べ約2割という短い期間でビジネスアプリケーションとリアルタイムコミュニケーション機能を統合できる。

 パッケージアプリケーションやツールキット、開発支援サービスがソリューションとして提供され、短期間・低コストでCEBPソリューションを構築できるため、ユーザは、既存のテレフォニー資産を活用しながら企業内/企業間コラボレーションを行なえると同時に顧客満足度の向上を図れる。また、「Avaya Aura」を導入している企業向けには、JavaベースAPIを利用して、「Avaya Aura」テレフォニー機能と他アプリケーションを連携させたアプリケーションを短期間で開発できるツールキットも提供される。

 パッケージアプリケーションは、ビジネスアプリケーション上で指定したイベントが発生した場合、自動的に関係者を招集し、即座に電話会議を開催するCEBPパッケージ「Avaya ACE Event Response Manager」と、「Avaya ACE Microsoft Office Communicator Integration」などのUCパッケージで構成されている。また、デペロッパーツールキットは、SOAP(Simple Object Access Protocol)/RESTfullをサポートし、複雑なSIP/CTIプロトコルを簡略化した“WebサービスAPI”で、ビジネスアプリケーション開発者がWebプログラミング言語を使用し、従来の約2割の期間で開発できる「Avaya ACE Toolkit」、IVR/カンファレンス/レコーディングを行なうためのメディアサーバコントロール機能を含む“JavaベースのAPI”で、「Avaya Aura」に接続し、テレフォニーアプリケーションと他アプリケーションを連携させ、並列処理を行なえる“シークエンスドアプリケーション”を作成でき、従来はPBXに依存していた機能を独自に開発できる「Avaya ACE Foundation Toolkit」で構成されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI
コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。 Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033402


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ