マイクロフォーカス、COBOL開発製品の新バージョンを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マイクロフォーカス、COBOL開発製品の新バージョンを出荷


掲載日:2011/03/07


News

 マイクロフォーカス株式会社は、COBOL開発製品「Micro Focus Visual COBOL」の新バージョン「R3」の日本語版を出荷した。

 「Micro Focus Visual COBOL」では、既存COBOL資産をリライト不要で、新たなプラットフォームやクラウド環境で再利用できる。単一のCOBOLソースを様々なプラットフォームに展開できるため、開発期間の短縮やコスト削減も支援する。

 今回の新バージョンでは、Windows版に加えUNIX/Linux版が提供され、Red Hat Enterprise Linux v5.5またはSUSE Linux Enterprise Server v11(いずれもx64/x86)、AIX v6.1/v7.1で稼働する。また、Eclipseに対応したほか、Microsoft Windows Azure環境へのディプロイメント機能が追加された。

 更に、現在はテクノロジープレビューの段階だが、COBOL for JVMが次バージョンに搭載される予定で、JVMへのディプロイメントも可能になる。


出荷日・発売日 2011年3月3日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他開発関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他開発関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 【アイエンター】 3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 【アイエンター】
その他開発関連 その他開発関連
AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033387


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ