ブルーコート、Proxy機器をTrend Microのアンチウイルスに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ブルーコート、Proxy機器をTrend Microのアンチウイルスに対応


掲載日:2011/03/03


News

 ブルーコートシステムズ合同会社は、「Blue Coat ProxyAV」アプライアンスファミリーが、Trend Microのアンチウイルスエンジンをサポートすると発表した。

 「ProxyAV」アプライアンスは、インライン型アンチマルウェアスキャニング・デバイスとして、ユーザが認証したWeb 2.0サイト、Webメール、ファイル共有、そのほかのコンテンツ配信方法を通じたファイルダウンロード全件を分析でき、更に当該コンテンツに関わる企業のITポリシーを施行できる。

 今回Trend Microのアンチウイルスエンジンをサポートすることで、5つの主要アンチウイルスエンジンをサポートすることになり、ユーザ企業はそれぞれに特有の要件や優先事項に応じてソリューションを柔軟に選択できるようになる。また、「ProxySG」と組み合わせることで、様々なコンテンツをスキャンできるようになり、企業のインターネットゲートウェイのネットワークパフォーマンスを損なわずに包括的なWebセキュリティを構築できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

2017年7月版セキュリティレポート、標的型サイバー攻撃の最新トレンドと対策 【シマンテック】 マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】 ランサムウェア感染で身代金を払わないための「6つのヒント」 【Commvault Systems Japan】 ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 「WannaCry」でも悪用か、“官製ハッキングツール”の脅威にどう対処する? 【株式会社シマンテック】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
2017年7月版セキュリティレポート、標的型サイバー攻撃の最新トレンドと対策 最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。 ランサムウェア感染で身代金を払わないための「6つのヒント」 APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 サイバー兵器によるパンデミックを逃れる「脅威対策の4原則」

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033356


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ