NECなどが広域イーサネット用暗号装置の新製品出荷、強化点は?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECなどが広域イーサネット用暗号装置の新製品出荷、強化点は?


掲載日:2011/03/03


News

 日本電気株式会社(NEC)とNECマグナスコミュニケーションズ株式会社は、広域イーサネット回線上のデータを保護するレイヤ2暗号装置「DATAX COMCIPHER(データックス コムサイファー)」シリーズの新製品を3月1日(予定)より出荷する。

 「DATAX COMCIPHER」シリーズは、回線暗号化のための専用ハードウェア。複雑なネットワーク設計を行なわずに、複数拠点間の通信を容易に暗号化できる。暗号アルゴリズムとして、総務省電子政府推奨暗号であり米国政府の次世代標準暗号化方式であるAES(Advanced Encryption Standard:FIPS-197準拠)を採用し、回線上の盗聴/摂取/改ざんのリスクからデータを保護する。

 今回の新製品は、転送速度100Mbpsの「FL2BH」と最大30Mbpsの「eL2B」の2モデル。単一の送信相手を指定してデータを送信する“ユニキャストフレーム方式”の通信に加え、複数の送信相手に同時にデータを送信する“マルチキャストフレーム方式”の通信も暗号化できる。これにより、映像素材の同報配信やライブ映像配信、拠点間をつなぐ多地点テレビ会議、データセンタから各出先へのマスタデータ更新や配信などの通信も暗号化できる。また、マスタキー暗号化用公開鍵のビット長を従来の2倍にすることで暗号アルゴリズム2010年問題に対処し、安全性が向上している。

 なお価格は、「FL2BH」が98万円、「eL2B」が29万円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 「FL2BH」:98万円、「eL2B」:29万円

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

ドキュメント保護「活文 Document Rights Manager」 【日立ソリューションズ】 ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】 機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 Windows/Linux 向け暗号化ソリューション SecureDB for SME 【セキュア・ディー・ビー・ジャパン】 payShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
情報の保管・利用場所に依存せず、不正利用を防止する。文書が流出しても権限がなければ閲覧できないだけでなく、文書を後から失効することで、万が一の事後対策が可能。 ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 DBからの情報漏えい対策に特化した暗号化ソリューション。導入時、DBやアプリケーションの変更が不要。稼働時にパフォーマンスに影響をほとんど与えない。 カード発行・決済取引に特化したアプリケーションと組み合わせて利用するHSM。国際ブランドはもちろんEMV・PCI・Global Platformなど金融関連のセキュリティ標準を満たす。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033355


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ