リアルビジョンシステムズ、最速36秒のレーザ3次元スキャナ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リアルビジョンシステムズ、最速36秒のレーザ3次元スキャナ発売


掲載日:2011/03/03


News

 株式会社リアルビジョンシステムズは、レーザ光切断方式を利用した高精度非接触3次元スキャナ「RealScan」を発売した。

 「RealScan」は、スリット状のレーザ光で測定対象物を最大1秒で10ライン走査し、その反射光を高精細500万画素CCDカメラで受光、1秒間に2万5000ポイントの3次元座標データを取得する。回転ステージと水平移動テーブルが標準で付属していて、使い勝手に優れている。高解像度カメラとの組み合わせで、幅50cm×奥行き50cm×高さ50cmサイズの測定物でも、36秒(ピッチ1度の時。ピッチ0.1度の時は6分)の高速・高精度でスキャニングできる。

 レーザ変位センサとして2500ポイントをリアルタイム計測し、そのうち任意の20ポイントを動態表示する。1軸ステージと回転ステージを併用することで、サーフェス形状・全周囲形状を手軽に短時間で計測・表示できる。高さ範囲/分解能は、130mm/0.04-0.07mm、250mm/0.08-0.14mm、500mm/0.16-0.24mm。レーザ発光ユニットを3個装備していて、500万画素カメラと組み合わせることで、スキャン範囲と解像度の変更をレンズ交換不要で簡単に行なえる構造を採用している。また、回転テーブル1回転(ピッチ1度の時36秒、ピッチ0.1度の時6分)でスキャンを終了できる。

 パルススリットレーザCLASS2動作。別売のデータ画像処理ツール「Leios」(国内総代理店:株式会社データ・デザイン)は、膨大な点群データの軽量化、ポリゴン化、穴埋め、スムージング、サーフェスモデル化などの機能を提供する。

 今後は、工業製品デザイン、リバースエンジニアリングといったデザイン、モデリングの分野から文化財、埋蔵出土品、人類骨などのデジタルデータ保存などのデジタルアーカイブ分野まで非接触計測の市場・用途に合った仕様や価格の製品を順次開発・発売していく予定。


出荷日・発売日 2011年3月1日 発売
価格 お問い合せ下さい

「リアルビジョンシステムズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033345


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ