FJSK、PC運用支援パッケージを大規模ネットワークなどに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FJSK、PC運用支援パッケージを大規模ネットワークなどに対応


掲載日:2011/03/02


News

 株式会社富士通四国システムズ(FJSK)は、PC運用を支援するパッケージソフト「瞬快」シリーズの新バージョン「瞬快 Ver.10」を出荷した。

 「瞬快」は、ファイルの追加/削除など環境が変更されても、PCを再起動することで、正常な環境を復元できるパッケージソフトで、要望に柔軟に対応できるように、「nami[並]」「jyo[上]」「tokujyo[特上]」の3つの製品グレードが用意されている。

 今回のバージョンアップでは、Windows 7の64ビット版に対応した。大規模ネットワークに対応したことで、拠点ごとにある多台数のPCを一元管理でき、PC運用管理を行なう管理者の負担軽減と効率化を図れる。PC情報の更新時にメモリを利用する新技術を搭載していて、“瞬間復元機能”利用時のPC起動時間が前バージョンに比べ約20%高速化し、PCの負荷軽減を図れる。

 既存機能の拡充も行なわれていて、IEのブックマーク、IMEの辞書などで“復元対象外設定の簡単設定”が追加されたほか、リモート画面操作時の“レイアウト表示”と“ログインユーザ名称表示”が追加された。“利用情報収集機能”にインストールされているソフトウェアの“ライセンス数集計機能”が追加されたほか、PCの所在と利用者を把握する“棚卸し機能”が追加された。電源オン/オフ、Windows Update連携など各種スケジュール機能が追加されたほか、前バージョンでは「tokujyo[特上]」のみに搭載されていた、Windows PE(Windows Preinstallation Environment)機能が「jyo[上]」にも追加された。

 なお価格は、「nami[並]」が9500円からとなっている。


出荷日・発売日 2011年3月1日 出荷
価格 「nami[並]」:9500円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

情報漏洩対策+資産管理ツール MaLion 5 【インターコム】 統合IT資産管理ツール QND 【クオリティソフト】 資産管理ツールではじめるエンドポイントセキュリティ 【ネットワールド】 IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
情報漏洩対策とIT資産管理・SAMを網羅したクライアントPC運用管理ソフト。充実した操作監視・制限機能や管理者負担の軽減に配慮した導入・運用支援機能が特長。 クライアントPCの現状把握や台帳作成などの基本的な資産管理や、セキュリティ管理、ライセンス管理、PC操作ログ取得、外部メディア制御など、総合的な管理が可能。 ◎クラウドやAIなど最新技術により、多彩なエンドポイントセキュリティ機能を提供
◎標的型メール訓練、脅威判定、運用代行、EDRなど関連サービスも充実
IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033340


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ