Androidに対応したサイバートラストの端末認証サービスとは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Androidに対応したサイバートラストの端末認証サービスとは?


掲載日:2011/03/02


News

 サイバートラスト株式会社は、デバイス認証用証明書発行管理サービス「サイバートラストデバイスID」を、Android搭載端末を認証できる安全なリモートアクセスに対応させた。

 「サイバートラストデバイスID」は、端末認証を実施したい企業向けにRA(登録局)をホスティング提供することで、端末レベルでの安全で確実な認証とアクセス制御を行なえる。

 今回、Android搭載端末対応オプションサービス「Over-the-Air Enrollment for Android(OTA for Android)」が用意され、Android搭載端末の端末識別情報“IMEI”を確認して許可されたAndroid搭載端末のみをリモートアクセスさせることが可能になった。これにより、社外からのリモートアクセスや社内での無線LANアクセスといった環境下で、許可されていない不正なAndroid 搭載端末を排除できるようになった。

 「サイバートラストデバイスID OTA for Android」による安全なネットワークアクセスは、NTTドコモ社のAndroid搭載端末とシスコ社のセキュリティアプライアンス「Cisco ASA」を組み合わせて構築されている。また、NTTドコモ社/シスコ社との協力により、特別なアプリケーションのインストールを行なわずにL2TP/IPsecによるリモートアクセスが可能であることが確認されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 【シマンテック】 クラウド利用やリモートワークで高まる内部不正リスク、取るべき対策とは? 【ニッセイ情報テクノロジー】 「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 【サイバネットシステム】 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 【シマンテック】 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 【シマンテック】
認証 認証 認証 認証 認証
次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? クラウド利用やリモートワークで高まる内部不正リスク、取るべき対策とは? 「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033335


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ