ジゾン、SEO効果の自動検証ツール「Seo Panel」日本語版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ジゾン、SEO効果の自動検証ツール「Seo Panel」日本語版を発売


掲載日:2011/02/25


News

 株式会社ジゾンは、SEO(検索エンジン最適化)効果検証をしたい企業向けに、www.seofreetools.net社が開発した自動検証ツール「Seo Panel」を同社サイトで発売した。価格は3万円(税込)となっている。

 「Seo Panel」は、複数Webサイト対応で、SEO効果を検証するオープンソースソフトウェア。今回、日本語化と、日本の検索エンジン(Google、Yahoo!、MSN、goo)への対応が行なわれていて、簡単にSEO管理を行なえる。原版はオープンソース(無償)だが、サポート体制を付帯することで、有償で日本語版として提供される。今後、CMS(コンテンツ管理システム)製品「HeartCore」に標準搭載する予定。

 “自動ディレクトリサブミッションツール”は、主要なインターネットディレクトリにWebサイトを送信する際に利用でき、サブミッションステータスチェッカースクリプトを使用することで、定期チェックを通じて各サブミッションの状態も追跡できる。ディレクトリマネージャを使用することで、ディレクトリがアクティブか非アクティブかを容易に判断できる。

 “キーワード順位チェッカー”は、Webサイトの対象キーワードの検索エンジン順位を検出し、システムに保存する。レポートセクションでは、各検索エンジンでのキーワードの日ごとの順位を分かりやすいグラフと詳細なレポートで確認できる。また、“サイトマップジェネレータ”は、検索エンジンにサブミットするXML、HTML、TEXTサイトマップファイルの生成に利用できる。

 “GoogleおよびAlexaランクチェッカー”は、WebサイトのGoogleページランクとAlexaランクを検出し、システムに保存する。“バックリンクチェッカー”は、各検索エンジンでのWebサイトのバックリンク数を検出し、システムに保存する。“検索エンジンサチュレーションチェッカー”は、各検索エンジンでWebサイトがインデックスされたページ数を検出し、システムに保存する。それぞれのレポートセクションでは、詳細レポートで確認できる。

 Seoプラグインを追加することで機能を拡張できる。プラグインは、「Seo Panel」とサードパーティサイトから提供されるほか、各自の「Seo Panel」向けにプラグインを開発することもできる。カスタムメタタグを作成するための「Seo Panel」プラグイン“メタタグジェネレータ”を使用することで、検索エンジンボットがWebサイトをクロールする際、より多くの情報を提供できる。


出荷日・発売日 2011年2月25日 発売
価格 3万円(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033277


IT・IT製品TOP > WEB構築 > アクセス解析 > アクセス解析のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ