クレオ、様々な就業形態に対応するコンポーネント型就業管理発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クレオ、様々な就業形態に対応するコンポーネント型就業管理発売


掲載日:2011/02/25


News

 株式会社クレオは、法人向けトータルソリューション「ZeeM」シリーズの新たなラインアップとして、勤怠・労務管理から労務コンプライアンスまで、企業の就業管理を支援するコンポーネント型業務ソリューション「ZeeM 就業管理」を発売した。ライセンス価格は、従業員数1000名までの場合、500万円からとなっている。

 「ZeeM 就業管理」では、パート・アルバイトを多数雇用する小売業から、複雑なシフト管理・コスト管理を行なっている製造業・サービス業まで、就業形態に対応した業種別テンプレートを提供する。また、システム基盤として拡張性の高い「intra-mart」を採用することで、企業によって異なる就業管理ニーズに柔軟に対応できる。

 適合率の高い業種別テンプレート、システム基盤に「intra-mart」を利用することで、業種・業態、企業ごとに異なる就業管理のニーズに柔軟に対応でき、勤怠管理業務の効率化、人件費の最適化、労務コンプライアンスなど、就業管理業務の効率化と高付加価値化を支援する。

 各種打刻システムや人事給与システムと連携することで、勤務情報の無駄な入力や膨大な手間のかかる紙ベースの運用を回避でき、勤怠管理業務の効率化を図れる。また、リアルタイムで人件費を予測でき、無駄な人件費を抑制できるほか、時間外労働管理の徹底、勤務シフト管理の効率化などを行なうことで、人件費の最適化を図れる。各種アラートを備えていて、過重労働の検出を容易化でき、遅刻・早退・残業量などの勤務状況、有給消化状況など、過去の実績も含め、就業情報を一括管理できるため、適切な法令対応を証明でき、労務コンプライアンスの適正化を図れる。


出荷日・発売日 2011年2月23日 発売
価格 従業員数1000名までの場合:500万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「勤怠管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「勤怠管理システム」関連の製品

MajorFlow Time 【パナソニック ネットソリューションズ】 勤休管理システム「勤時(きんとき)」 【科学情報システムズ】 クラウド勤怠管理システム Touch On Time(タッチオンタイム) 【デジジャパン】 就業管理システム「クロノス」 【クロノス】 勤怠管理クラウド・SaaSサービス KING OF TIME(キングオブタイム) 【ヒューマンテクノロジーズ】
勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム
ワークフロー「MajorFlowシリーズ」の勤怠管理システム。Webで勤務報告や各種申請が実現。タイムレコーダ連携や他システムとの連携、スマートフォンからの入力も実現。 プロジェクト工数管理機能をあわせ持つ勤怠管理システム。総務部門やプロジェクト管理者の作業効率の向上と管理コストの削減を実現する。 全店舗・事業所の出退勤状況をクラウドで一元管理できる勤怠管理システム。生体認証やICカード、スマートフォン利用など多彩な打刻方法に対応。利用実績は40万人以上。 勤務時間などの自動集計や給与ソフトに連動するデータの作成はもちろん、変形労働時間制やストレスチェックへの対応など様々なニーズにきめ細かく応える先進機能を搭載。 サーバー不要で安心・便利なクラウド型勤怠管理システム。国内・海外の勤怠データをリアルタイムに一元管理でき、定期バージョンアップによる進化するシステム。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033258


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ