FJTH、中小ユーザ向け情報セキュリティソフトウェアの新製品発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FJTH、中小ユーザ向け情報セキュリティソフトウェアの新製品発売


掲載日:2011/02/24


News

 株式会社富士通東北システムズ(FJTH)は、中小ユーザ向けセキュリティソフトウェアの新製品「DefenseWinBee」「IPWATCHER-Bee」を3月1日より発売する。

 「DefenseWinBee」「IPWATCHER-Bee」では、クライアントセキュリティ対策ソフトウェア「DefenseWin」と、簡単にネットワーク管理とセキュリティを行なえる「IPWATCHER」の2製品を統合・連携し、必要な機能をアクティベート(機能選択)して利用できるように機能と価格が刷新されている。

 情報漏洩対策では、業務利用できるUSBメモリを限定できる“デバイス制御”、利用するクラウドサービスを限定できる“ウィンドウ制御”、これらのログを記録し管理できる機能を備えている。

 資産管理機能では、PCの紛失や盗難・稼働の有無などをチェックできるほか、PCのスペックや導入ソフトウェアもチェックできる。また、PCやネットワークの管理では、集中的な運用操作やログ管理を簡単に行なえるほか、ネットワークに接続されている機器の状況がリアルタイムに分かる“IPWATCHER機能”、ネットワークに接続された機器の記録を残せる“IPWATCHER不正接続監視機能”を備えていて、ネットワーク運用管理の効率化とセキュリティ効果を図れる。

 必要な機能のアクティベート(1〜3種)を行なえるほか、オプションで稼働後の機能追加も行なえる。

 なお価格は、「DefenseWinBee」が1アクティベートライセンス3150円から、「IPWATCHER-Bee」が21万円からとなっている。


出荷日・発売日 2011年3月1日 発売
価格 −−−

「富士通東北システムズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワーク管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク管理」関連の製品

帯域幅の急増にも対応、ネットワーク機能仮想化で構築する通信インフラ 【インテル】 Junosはクラウド時代のネットワークエンジニアのための、新たな必修科目だ 【ジュニパーネットワークス株式会社】 セキュリティと運用管理の「4つの課題」を解決 【ネットワールド】 ネットワークが切れる、遅い――モバイルワーカーのストレスをMPMで解決 【NetMotion Software】 NetCrunch(ネットクランチ) 【情報工房】
ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理
帯域幅の急増にも対応、ネットワーク機能仮想化で構築する通信インフラ Junosはクラウド時代のネットワークエンジニアのための、新たな必修科目だ セキュリティと運用管理の「4つの課題」を解決 ネットワークが切れる、遅い――モバイルワーカーのストレスをMPMで解決 中小規模ネットワーク向けの統合型監視・管理ツール。グラフィカルなインターフェースと直感的な操作方法が特長。エージェントレスなので簡単導入が可能。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033253


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ