リコー、文書編集をともなうワークフローを効率化する製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、文書編集をともなうワークフローを効率化する製品を発売


掲載日:2011/02/24


News

 株式会社リコーは、FAX受発注業務や図面管理業務など、文書の編集をともなうワークフローを効率化できる文書業務処理システム「Ridoc Smart Director」を2月25日より発売する。価格は、基本パッケージが1ライセンスで1万9800円などとなっている。

 「Ridoc Smart Director」では、デジタル複合機(MFP)「imagio MP」シリーズでFAXを受信すると、PC画面上にポップアップ表示で通知される。同システムを起動するとFAX受信文書が表示され、相手先へのコメントや納期回答から、FAX返信、その文書の保管までのステップをPC上で容易に行なえる。

 同MFPでスキャンした文書に対し、同システムの画面上で文書データを見ながらプロパティ情報を設定できる。保管のルールをあらかじめ設定しておくことで、同システムを導入している担当者間で文書の共有や業務の進捗確認が可能になる。また、MFPの操作パネル上で保管先やファイル名を容易に設定できる「imagio カンタン文書登録 V2」と併用することで、作業効率を更に向上できる。

 文書の格納場所・一覧・内容・プロパティに加え、検索ツールバーや次工程への業務処理ボタンを1画面で表示でき、快適に編集・操作できる。

 同社のドキュメント配信システム「Ridoc GlobalScan」で文書にプロパティ情報を追加した画像データを「Ridoc Smart Director」に配信できる。追加されたプロパティ情報が自動で「Ridoc Smart Director」に設定されるため、必要な時に必要な文書を見つけられ、情報の共有も容易に行なえる。また、「Ridoc Smart Director」で処理したFAX受信文書やスキャンした図面などの画像データを、同社の文書管理システム「Ridoc Smart Navigator」に自動登録できる。高度な検索に加え、情報を効率的に周知/共有できる。


出荷日・発売日 2011年2月25日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033244


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ