チェック・ポイント、ネットワーク・セキュリティの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


チェック・ポイント、ネットワーク・セキュリティの新版を出荷


掲載日:2011/02/23


News

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は、Software Bladeアーキテクチャをベースにしたネットワーク・セキュリティ・スイートの新版「Check Point R75」を出荷した。

 「Check Point R75」では、ファイアウォールを多機能/多次元のゲートウェイに拡張し、様々な保護機能を単一ソリューションに統合することで、ニーズや脅威に応じて適切なセキュリティ制御を行なえる。セキュリティをビジネス・プロセスの一環として再定義し、ポリシー、ユーザ、セキュリティ実施を結び付けて、様々なセキュリティ・レイヤの保護性能を強化する。

 Application Control、Identity Awareness、DLP(データ損失防止)、Mobile Accessという4つの“Software Blade”が導入されている。単一の統合ソリューションで多角的なアプローチによるセキュリティを実現でき、企業環境でのデータ、Web 2.0アプリケーション、モバイル・アクセスの可視性と制御能力の向上を図れる。

 “Application Control Software Blade”では、強固なセキュリティ技術、ユーザの意識向上、アプリケーション制御を組み合わせることで、アプリケーション制御を行なう。また、社員を問題是正プロセスに参加させる技術“UserCheck”を統合しているほか、リスク・レベルやユーザ・ニーズに合わせてアプリケーションの利用ポリシーをカスタマイズできる。更に、アプリケーション・ライブラリ“Check Point AppWiki”を活用でき、アプリケーションの可視化を図れる。

 “Identity Awareness Software Blade”は、ユーザやグループ単位で、きめ細かなセキュリティ・ポリシー管理を行なえる。正確なIDベースのポリシーを作成でき、アプリケーションやアクセスを高度に制御できる。また、Active Directoryとシームレスに統合され、迅速・容易に導入できる。

 “DLP(データ損失防止)Software Blade”では、業務データや重要な企業情報の漏洩防止を図れる。“Mobile Access Software Blade”では、iPhoneやiPadとの安全な接続を提供するほか、優れた暗号化技術でデータを保護する。“IPS(侵入防御)Software Blade”は、マルチギガビットの速度で動作する包括的なファイアウォール侵入防御機能を提供し、優れたトータル・システム・セキュリティとパフォーマンスを提供する。


出荷日・発売日 2011年2月22日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワークセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

セキュリティアプライアンス Aterm SA3500G 【NECプラットフォームズ】 クラウド型セキュリティサービス InterSafe GatewayConnection 【アルプス システム インテグレーション】 サイバーリスク保険 【ファーストプレイス】 DDoS対策アプライアンス Arbor Networks APS 【アーバーネットワークス】 次世代標的型攻撃対策製品「RedSocks Malware Threat Defender」 【ネットワールド】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
既存ネットワーク構成を変えずに簡単に導入可能。分かりやすい価格設定で中小規模の法人ユーザ向けに最適なUTM(セキュリティアプライアンス)。 クラウドのセキュアWebゲートウェイにおいて、独自の解析技術により、マルウェア配布サイトへのWebアクセスやC&Cサーバへの不正通信をブロックする出口対策を提供。 IT事業者が損害賠償請求された場合、保険加入でどこまで補償されるのか? 全世界のトラフィックをリアルタイムで収集・分析。そのデータをもとに、DDos攻撃による脅威をブロックする高精度な対策を提供。 全てのアウトバウンド・トラフィックを監視し、標的型攻撃による情報漏洩の危機となる通信を、リアルタイムに検知・通知可能なハードウェアアプライアンス。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033220


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ