マカフィー、セキュリティ運用負担軽減ソリューションの新版提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マカフィー、セキュリティ運用負担軽減ソリューションの新版提供


掲載日:2011/02/22


News

 マカフィー株式会社は、セキュリティ運用負担軽減ソリューションの新版「McAfee Risk Advisor version 2.6」の提供を開始した。価格は、1ライセンス5827円(税込、11〜25ライセンス、初年度サポート料込)からとなっている。

 「Risk Advisor」は、脅威/脆弱性/対策情報を関連付け、リスクにさらされている重要資産を特定するリスク管理ダッシュボード。今回の新版では、リスク評価機能が強化されたほか、パッチ最適化機能が搭載されたことで、セキュリティ対策へのアドバイスがより的確化され、運用負荷の更なる軽減が図られている。脅威の説明と概要、詳細な分析、解決策と推奨策、各種通知や脆弱性に関するディスカッショングループへのリンク、様々なリスク評価手法、影響されるアプリケーション、コンプライアンスに対する脅威の影響など、特定の脅威に関する重要な情報が分かりやく表示される。

 What-If分析機能が新たに搭載され、新しい対策やソリューションを導入した際にリスクスコアがどの程度減少するかを、数値として確認できる。また、簡単なレポート作成が可能で、環境内のすべての資産についてリスクの有無を表示するなど、リスクの存在する資産を即座に特定して、詳細を確認できる。

 セキュリティマネジメントコンソール「McAfee ePolicy Orchestrator」(ePO)を使用し、単一コンソールで統合管理することで、企業のセキュリティを強化しながらセキュリティ運用コストを削減できる。そのほか、エンドポイントとネットワークを防衛する同社製品や、パートナー製品と併用することで、脅威/脆弱性/解決策に関する情報をプロアクティブに統合し、リスクが存在する資産を正確に特定をできる。また、推測が排除されることで、適切なタイミングで適切な個所のセキュリティを強化できるようになり、時間とコストを削減できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

Webシステム ファイル持ち出し防止 「ファイルプロテクト for IIS」 【ハイパーギア】 接続先ネットワークの制限/デバイスの利用禁止 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
Windows Server OSでIISを利用したWebシステムに連携。ファイルはそのままでユーザがファイルを参照するタイミングに持ち出し禁止や印刷禁止のPDFをオンデマンド生成する。 デバイスやWi-Fiの利用を制限し、エンドポイントからの情報漏洩を防止。
スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限。
Wi-Fi制御、VPN利用の強制機能も搭載。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033196


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ