OKI、Android端末向けモバイル業務アプリ構築ミドルウェアを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


OKI、Android端末向けモバイル業務アプリ構築ミドルウェアを提供


掲載日:2011/02/21


News

 沖電気工業株式会社(OKI)は、スマートフォン/タブレット端末を業務端末として利用するためのモバイル業務アプリケーション構築ミドルウェアをAndroidに対応させた新バージョン「MoBiz Platform Ver.1.1 for Android」を3月末(予定)より提供する。

 「MoBiz Platform」は、システム開発者が、短期間で容易に、規模の大小を問わず、幅広い業務用途向けに、スマートフォン/タブレット端末向け業務アプリケーションを構築できるミドルウェア製品。今回の新バージョンでは、従来のWindows Mobile 6.5以降搭載のスマートフォンに加え、Android 2.2以降搭載のスマートフォン/タブレット端末に対応が拡大されている。

 端末にインストールする「MoBiz Platform Client」と、サーバにインストールする「MoBiz Platform Server」で構成されている。不安定な通信環境、新端末への対応、端末のバッテリの持ち時間やデータセキュリティなどに配慮していて、常に安定動作するモバイルアプリケーションを多様なAndroid搭載端末で利用できる仕組みを、ミドルウェアとして提供する。アプリケーションの開発は、JavaEE、HTML、JavaScriptなど、一般のWebアプリケーション開発技術で対応できるため、システム開発者は、モバイルシステム向けの専門的な技術スキルの習得不要で、様々な要件に対応するモバイル業務アプリケーションを開発できる。

 「MoBiz Platform」は、企業ユーザ向けのシステム受託開発、システム開発会社向けの「MoBiz Platform」の販売という2通りの形態で販売される。企業ユーザ向けのシステム受託開発では、ユーザの要件に応じたモバイル業務システムを、「MoBiz Platform」をベースに開発・提供する。

 なお価格は、システム要件、構成により変動する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033189


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ