エイケア、メール配信ASP製品を送信ドメイン認証技術DKIMに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エイケア、メール配信ASP製品を送信ドメイン認証技術DKIMに対応


掲載日:2011/02/18


News

 エイケア・システムズ株式会社(エイケア)は、メール配信システム「MailPublisher」シリーズで、送信ドメイン認証技術“DKIM”に対応するバージョンアップを2月24日に行ない、「MailPublisher」による海外向けメール配信を本格始動させる。

 “DKIM”は、送信するメールに電子署名を付与することで、Fromアドレスが正しいことを証明できる送信ドメイン認証技術のひとつで、今回“DKIM”に対応するのは、「MailPublisher Smart Edition」「MailPublisher Mobile Edition」「FormFactory」のASP 3製品。“DKIM”に対応したことで、各国のISPからスパム判定を受ける可能性の低減、到達率の改善を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 【シマンテック】 Office 365への移行で避けられないネットワーク負荷、その効率的な解消方法とは 【バラクーダネットワークスジャパン】 FutureNet RA-1200/RA-830 【センチュリー・システムズ】 クラウド利用やリモートワークで高まる内部不正リスク、取るべき対策とは? 【ニッセイ情報テクノロジー】 指ハイブリッド認証 【NEC】
認証 認証 認証 認証 認証
クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 Office 365への移行で避けられないネットワーク負荷、その効率的な解消方法とは 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 クラウド利用やリモートワークで高まる内部不正リスク、取るべき対策とは? 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033169


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ