提携:ウェイズジャパン等、ファイル共有に真正性証明機能を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:ウェイズジャパン等、ファイル共有に真正性証明機能を追加


掲載日:2011/02/17


News

 株式会社ウェイズジャパンと日本ガードタイム株式会社(GuardTime)は業務提携し、ウェイズジャパンのクラウドでファイル共有を行なえる「B@ZAオンライン」に、ファイルの真正性を証明する「キーレス署名」の機能を追加、3月中旬(予定)よりサービスリリースする。

 「B@ZAオンライン」は、企業内に存在するデジタルファイルを安全・簡単に共有でき、企業の生産性向上を図れるクラウドサービス。「キーレス署名」は、暗号鍵を使用せずに、様々な電子データの“非改ざん性”“署名時刻”“署名機関”の3つの真正性を数学的に検証する。また、署名に有効期限がないため、長期保存が求められるファイルにも署名できる。

 今回、GuardTimeの電子データの真正性証明サービス「キーレス署名」を追加することで、「B@ZAオンライン」を通じて共有されたファイルの真正性を証明できる。

 これにより、企業名を使われた偽造資料が世に出回った場合も、「B@ZAオンライン」を通じて共有されていたファイルならば、出回ったファイルが改ざんされたファイルであることを直ぐに証明できる。

 また、ウェイズジャパンは「B@ZAオンライン」のシステムやイベントログにも、「キーレス署名」を付ける予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PKI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PKI」関連情報をランダムに表示しています。

「PKI」関連の製品

「電子サイン」と業務アプリケーション連携が「顧客開拓」に威力を発揮する理由 【アドビ システムズ】 電子サインによる新たな顧客体験の創造と、パーソルグループの実践記 【アドビ システムズ】 国際標準の電子取引に必須の機能とは? 法整備が進む電子署名の動向を知る 【アドビ システムズ】 4週間の承認プロセスが4日まで短縮――電子サインで文書管理の効率化を極める 【アドビ システムズ】
PKI PKI PKI PKI
「電子サイン」と業務アプリケーション連携が「顧客開拓」に威力を発揮する理由 電子サインによる新たな顧客体験の創造と、パーソルグループの実践記 国際標準の電子取引に必須の機能とは? 法整備が進む電子署名の動向を知る 4週間の承認プロセスが4日まで短縮――電子サインで文書管理の効率化を極める

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033147


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > PKI > PKIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ