EMCのディスク・ベースの重複除外バックアップ・ストレージとは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMCのディスク・ベースの重複除外バックアップ・ストレージとは


掲載日:2011/02/16


News

 EMCジャパン株式会社(EMC)は、バックアップ・データを複数年にわたる期間で安全に保存する、ディスク・ベースの重複除外バックアップ・ストレージ「EMC Data Domain Archiver(DD Archiver)」を3月末より提供する。

 「DD Archiver」は、短期から複数年にわたるバックアップ・データの保存や災害対策サイトへのデータ複製をすべて1つのソリューションで行なえ、テープ環境からの置き換えを図れる。EMCの重複除外技術を利用することで、コスト面やデータの信頼性の課題に対処でき、ディスクを利用した長期のデータ保存を行なえる。また、重複除外を行なうことで、バックアップ・データは平均10分の1〜30分の1に圧縮され効率的に保存される。

 保存されたデータは、非脆弱性アーキテクチャ(DIA:Data Domain Data Invulnerability Architecture、「Data Domain」製品が備える複数のメカニズムを組み合わせて、データの整合性と復元性を実現する仕組み)を利用することで、継続的に整合性と一貫性が確認され、長期にわたるデータ保存を確実に行なえる。また、「Data Domain」のレプリケーション技術を利用することで、最小限のブロック・データのみ転送することで、長期保存に必要になる、データの遠隔地保管も行なえる。

 バックアップ・データの長期保存プラットフォームとして設計されているため、システムの障害切り分けとユニット単位でのリカバリを行なえる。更に、1つのアーカイブ・ユニットが使用できない場合でも、他のコンポーネントに影響を与えずに単独復旧を行なえる。レプリケーションもユニット単位で実行されるため、最小限のデータ転送で、障害からの速やかな復旧を図れる。

 「EMC NetWorker」やSymantec NetBackupなどの一般的なバックアップ・ソフトウェアを利用して、転送されたセーブセットを保存できる。短期保存データ用と長期保存データ用の2つの階層を備え、ユーザが設定した保存期間を超えた場合には、データを安価な階層に移動することで、コスト効率のよい長期保存を行なえる。短期保存データ用階層の最大容量は96TB、長期保存データ用の最大容量は474TBで、「DD Archiver」全体では有効容量を合計570TBにまで拡張でき、重複除外後の論理容量は最大28.5PBになっている。また、「Data Domain」のインライン重複除外機能を活用することで、最大毎時9.8TBの高いスループットを達成している。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「EMCジャパン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 【CommVault Systems Japan】 システム保護から災害対策まで強化――バックアップ運用の統合と自動化の秘訣 【伊藤忠テクノソリューションズ+他】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 実行可能で信頼性の高い「災害復旧」を確立する 5つの原則とは システム保護から災害対策まで強化――バックアップ運用の統合と自動化の秘訣 稼働中のサーバを確実・高速にバックアップ。ネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033131


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ