IBSJapan、PCベースの900MHz帯USBスペクトラムアナライザを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IBSJapan、PCベースの900MHz帯USBスペクトラムアナライザを発売


掲載日:2011/02/15


News

 アイ・ビー・エス・ジャパン株式会社(IBSJapan)は、新しくスマートメーター用として割り当てられる900MHz帯(915〜928MHz帯)対応のUSBスペクトラムアナライザ「SM-900x」を2月中旬(予定)より発売する。予定価格は、2万9900円となっている。

 「SM-900x」は、スマートメーターを開発段階、実験などに設置する際に、電波強度、カバー範囲、電波干渉の確認をする時、従来のような高額なスペクトラムアナライザ不要で、ノートPCと組み合わせることで、手軽に開発、調査や報告を行なえる。

 Windows PCのUSBポートに接続して専用ソフトウェアを起動することで簡単に測定を行なえるため、専門知識不要で扱える。付属するソフトウェアは、リアルタイムのスキャンに加え、スキャンしたデータをログとして保存できるため、収集データの解析・調査に利用できる。

 スマートメーターに900MHz帯を使用することで、無線LAN、ZigBee、Bluetooth、電子レンジなどで使用されている2.4GHz帯とは異なり、ほぼ専用で使用される帯域になるため、電波干渉が少なく信頼性の高いシステムを構築できる。また、2.4GHz帯などの高い周波数に比べ、同じ送信電力でも通信距離が2倍以上長く、電波の回り込みが多くなるため、障害物の多い場所でも安定な通信を行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 予定価格:2万9900円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワーク管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク管理」関連の製品

検疫ネットワーク・IT機器管理 iNetSecシリーズ 【PFU】 NetCrunch(ネットクランチ) 【情報工房】 野村証券の大規模ネットワーク運用術:8000ノード一元管理の手法 【日本ヒューレット・パッカード】 Webアクセスシェイパ 【NTTアドバンステクノロジ】 統合ネットワーク管理ツール SolarWinds 【ソーラーウインズ・ジャパン】
ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理
iNetSecは、企業で利用されているPC・スマートデバイスなどの様々なIT機器の把握・不正接続防止・利用者認証・ポリシー徹底によりセキュリティ対策を支援。 中小規模ネットワーク向けの統合型監視・管理ツール。グラフィカルなインターフェースと直感的な操作方法が特長。エージェントレスなので簡単導入が可能。 野村証券の大規模ネットワーク運用術――8000ノードの一元管理に選んだ手法は? システムの処理性能を上回るアクセス集中をキューイングし、整理することで快適なWeb環境を維持。 ネットワーク全体のパフォーマンスを可視化、トラブルの予兆を察知する機器など、ネットワークを監視・管理できるネットワーク パフォーマンス管理ソリューション。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033115


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ