富士通など、ICT機器の状況を一元的にモニタリング可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通など、ICT機器の状況を一元的にモニタリング可能に


掲載日:2011/02/08


News

 富士通株式会社と富士ゼロックス株式会社は、相互のソフトウェアを連携させ、ネットワーク上のPCと、富士ゼロックス製の複合機・プリンタの稼働状況と消費電力(CO2排出量)の一元的な見える化(モニタリング)を行なえるソリューションの提供を開始した。

 今回ソフトウェア連携が行なわれるのは、富士ゼロックスの統合ソフトウェア「ApeosWare Management Suite」、富士通の運用管理ソフトウェア「Systemwalker Desktop Patrol V14g」「Systemwalker Desktop Keeper V14g」。ソフトウェアを連携させることで、個々のPCと出力機器の消費電力データを運用管理ソフトウェアで一元的に管理できる。また、紙の出力情報も、プリンタ用途以外の複合機のコピーやFAXの出力枚数、プリンタ専用機からの出力枚数を「Systemwalker Desktop Keeper V14g」で管理できるようになった。

 CO2排出量や電力消費量などの環境負荷状況とICT機器の使用実態を定期的に照らし合わせ、一元的にレポーティングされることで、機器の運用改善や最適配置の計画を支援するほか、“改正省エネ法”のエネルギー排出に関する定期報告書/中長期計画書の作成も支援する。

 環境対策とコスト削減を同時に図れ、両社の社内実験では、連携によるICT機器の消費電力、CO2排出量と使用状況の見える化により、CO2排出量削減のための環境対策の実施と同時に、複合機やプリンタの最適配置/利用抑制などの施策を行なったことで、電力や紙など約3割のコスト削減効果が得られた。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033044


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ