DNP、時刻同期方式のOTPカードを開発、携帯性と利便性を向上

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNP、時刻同期方式のOTPカードを開発、携帯性と利便性を向上


掲載日:2011/02/07


News

 大日本印刷株式会社(DNP)は、インターネットバンキングなどの取引を行なう際のログイン認証に利用する“ワンタイムパスワード(OTP)”を、“時刻同期方式”で生成して表示するOTPカードを開発、キャッシュカードにも対応するOTPカードとして、4月に評価用サンプルを出荷し、6月には本格的に発売する。

 今回の時刻同期方式のOTPカードは、時計の機能を内蔵していて、一定の時間(30秒、60秒など)が経過するたびに新しいOTPを生成する。アルゴリズムは、OATHに準拠している。OTPカードの時刻とOTP管理サーバの時刻を正確に同期させるための周波数精度の高い水晶発振器に、厚さ0.4mm以下の超薄型の水晶発振器を採用することで、プラスチックカードのISO規格が定める0.76mmの薄さでOTPカードを製造できるようになった。



出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033029


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ワンタイムパスワード > ワンタイムパスワードのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ