エアー、英語インターフェース追加した誤送信予防ツール新版発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エアー、英語インターフェース追加した誤送信予防ツール新版発売


掲載日:2011/02/07


News

 株式会社エアーは、Outlook・Outlook Express対応うっかりメール誤送信予防ツール「WISE Alert」で、日本語/英語インターフェースを選択できる新バージョンを開発、2月中旬より発売する。

 「WISE Alert」は、1ユーザから1万数千ユーザまで様々な環境で利用でき、「スタンドアロン版」「エンタープライズ版」が用意されている。今回の新バージョンでは、外部ドメイン混在時の警告機能が追加されたほか、Outlook連携、「エンタープライズ版」のカスタマイズ機能、ログ機能も拡張されている。

 管理者ツール、クライアントツールに英語インターフェースが追加された。インストール時に、言語(日本語または英語)を選択することで、希望言語のツールをインストールできる。英語マニュアルも完備しているほか、インストール後も言語の切り替えを行なえる。

 メールを複数の外部の組織に対して送信しようとしている場合にも誤送信への注意を喚起できるようになった。Outlookとの連携強化が行なわれていて、Outlook配布リスト内の外部ドメインを判定できるようになり、配布リスト使用時でも誤送信への注意を喚起できるようになった。

 「エンタープライズ版」サーバコントロールオプション付きの場合、カスタマイズ機能が追加され、警告条件にヒットした時に表示される警告メッセージを管理者がカスタマイズできるようになった。ログ機能も強化されていて、送信先が“To”“Cc”“Bcc”に区別され、ログ出力されるようになったほか、ログ出力の有無を設定できるようになった。


出荷日・発売日 2011年2月中旬 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

メール誤送信防止ソリューション「Active! gate」 【クオリティア】 メール誤送信防止ソフトウェア「CipherCraft/Mail」 【NTTソフトウェア】 メール誤送信対策ソフトウェア WISE Alert 【エアー】 CLEARSWIFT SECURE Email Gateway 【日立ソリューションズ】 クラウド型メール誤送信対策サービス「Active! gate SS」 【クオリティア】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
上司承認(オプション)を含む7つのアプローチを1つの製品で実現するメール誤送信対策ソフトウェア。アプライアンス版も提供。ユーザがポリシー設定でき運用負荷も軽減。 ・9年連続シェアNo.1のメール誤送信防止・暗号化ソフトウェア
・メール送信前に確認画面で、うっかりミスによるメール誤送信を未然に防止
社外宛メールや添付ファイルの送信時などに警告を表示し、ユーザ自身でメール誤送信対策を実施できるツール。添付ファイルを自動ZIP暗号化できる機能もオプションで対応。 送信メールの本文や添付ファイルの内容から機密情報の有無をチェック。
ウイルス、スパム、暗号化といったメールセキュリティに関する機能もまとめて提供。
クラウド型メール誤送信対策サービス
◎7つのアプローチを網羅し本格的な対策を実現
◎短期間で簡単に導入可能
◎サーバ構成に依存せず、Google Apps、Office 365にも対応

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033013


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ