IPS、SAP SbHを活用したクラウドサービスのエントリーモデル提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IPS、SAP SbHを活用したクラウドサービスのエントリーモデル提供


掲載日:2011/02/07


News

 株式会社アイ・ピー・エス(IPS)は、SAP ERPパッケージ「SAP Business All-in-One」をベースにしたクラウドサービス「IPS EasyOneクラウド」のエントリーモデル「IPS CloudOne」を2月(予定)よりサービス提供する。

 「IPS CloudOne」は、SAP社のSbH(クラウド型提供サービス)を活用した、“早く基幹システムを導入したい”“短期間で新システムに移行したい”というユーザ向けのサービス。

 なお価格(予定)は、初期導入費用が1500万円から、月額利用料金が1万9800円から(利用ユーザ数は個別相談)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「アイ・ピー・エス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

「アイ・ピー・エス」製品レポート

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

成長企業がいま知っておくべき、スピード経営基盤の考え方とは 【日本オラクル株式会社】 ビジネスモデルの変化にも対応、クラウドERPで実現するグローバル経営管理基盤 【日本オラクル】 海外拠点の課題解消、低コストクラウド型会計システムでリアルタイム経営管理 【マルチブック】 Microsoft Dynamics NAV (ERP/基幹システム) 【パシフィックビジネスコンサルティング】 ProActive E2(プロアクティブイーツー) 【SCSK】
ERP ERP ERP ERP ERP
成長企業がいま知っておくべき、スピード経営基盤の考え方とは クラウド型ERP導入事例:短期間でグローバル展開ができたワケ 海外拠点の課題解消、低コストクラウド型会計システムでリアルタイム経営管理 世界195カ国で16万社以上の導入実績。126言語、43カ国以上の商習慣に対応したマイクロソフトの中堅・中小企業向けグローバルERP。直感的な操作性と高い柔軟性が特長。 会計、販売、資産、人事給与など、基幹業務全般をカバーし、豊富な機能より高い業務適合率を実現。パッケージ利用のメリットを最大限に享受できる超寿命なERP。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033010


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ