バッファロー、データ共有/保護が強化された法人向けNASを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


バッファロー、データ共有/保護が強化された法人向けNASを出荷


掲載日:2011/02/04


News

 株式会社バッファローは、オフィスでのデータ共有と保護を行なえる、法人向けNAS「テラステーション プロ」シリーズを2月下旬(予定)より順次出荷する。

 今回発売されるのは、管理者・フェイルオーバー・RAID 6機能搭載8ドライブNASで16TB(2TB×8ドライブ)の「TS-8VH16TL/R6」と8TB(1TB×8ドライブ)の「TS-8VH8.0TL/R6」、管理者・フェイルオーバー・RAID 6機能搭載6ドライブNASで12TB(2TB×6ドライブ)の「TS-6VH12TL/R6」と6TB(1TB×6ドライブ)の「TS-6VH6.0TL/R6」、管理者・フェイルオーバー・RAID 6機能搭載4ドライブNASで8TB(2TB×4ドライブの「TS-QVH8.0TL/R6」と4TB(1TB×4ドライブ)の「TS-QVH4.0TL/R6」、管理者・フェイルオーバー・RAID 6機能搭載4ドライブNASラックマウントモデルで8TB(2TB×4ドライブ)の「TS-RVH8.0TL/R6」と4TB(1TB×4ドライブ)の「TS-RVH4.0TL/R6」、管理者・フェイルオーバー・RAID 1機能搭載2ドライブNASで4TB(2TB×2ドライブ)の「TS-WVH4.0TL/R1」と2TB(1TB×2ドライブ)の「TS-WVH2.0TL/R1」の計10モデル。ファイルサーバとして利用したり、PCサーバのバックアップとして利用できる。

 高速なデータ転送を行なえる新CPU(Intel製Atom D510)と2GBの大容量メモリを搭載しているほか、同時に複数のPCからのアクセスが集中した場合でも、合計毎秒約106.8MB(「TS-QVH4.0TL/R6」を3台のPCとLAN接続し、3台のPCで測定された転送速度の合計値)の転送速度でスムーズにデータのやりとりを行なえる。また、データ保護関連の機能では、従来のRAID機能に加え、メイン機とバックアップ機の2台を併用して運用する“レプリケーション”機能が強化され、メイン機のトラブル時にはバックアップ機側に自動で切り替わる“フェイルオーバー”機能に対応していて、容易に業務を続行できるようになった。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

ストレージ基盤事例:刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 【ネットアップ】 HDD並みの価格で実現するオールフラッシュストレージの4つの効果 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 10ベイ NASサーバ AS7010T 【シー・エフ・デー販売】 ASUSTOR 企業向けNAS AS7009RDX 【ユニスター】 バッチ処理時間の短縮で実感 オールフラッシュストレージの効果 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
NAS NAS NAS NAS NAS
ストレージ基盤導入事例――刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 知らないと恥ずかしい オールフラッシュ導入による4つの恩恵 大容量で高い性能でありながら、非常にコンパクトなサイズで低価格であるため、大企業のみならず中堅・中小レベルでも導入しやすいNAS。 エンタープライズ向けに設計された企業用ラックマウントモデルのNAS。ユニスターによるオンサイト・先出しセンドバックなどの保守も。 OpenStack連携・5年保証の実力派フラッシュストレージ導入事例

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032999


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ