MOTEX、Windows Azure採用!IT資産管理のクラウドサービスを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MOTEX、Windows Azure採用!IT資産管理のクラウドサービスを開始


掲載日:2011/02/04


News

 エムオーテックス株式会社(MOTEX)は、IT資産管理に求められる機能を備えた、クラウドサービス「LanScopeクラウドキャット」を2月21日より開始する。

 「LanScopeクラウドキャット」は、ネットワーク統合管理ツール「Cat6」のノウハウを活用したレポーティング機能を備えていて、手間なくIT資産の最適化を行なえる。サーバ設置、保守費、メンテナンスなどは不要で、クライアントモジュールをインストールすることで、運用を開始できる。また、資産台帳やセキュリティパッチの管理・配布など、PC管理に必要な機能が標準搭載されている。

 レポートメールが自動通知され、レポートメールを確認することで、全社のPCの状況を把握できる。例えば、社内の資産に問題があった場合には、担当者は「クラウドキャット」で詳細を確認、原因になっている社員にワンクリックで注意メールを送信でき、手間や工数をかけずに、資産を適切な状態に保てる。

 プラットフォームには、マイクロソフトのWindows Azure Platformを採用している。

 なお価格は、1ライセンス月額500円で、最小契約数は5ライセンスからとなっている(要問い合わせ)。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

ハードウェアの保守期限切れ、それでも使い続けたい企業が取るべき選択肢は? 【ブレイヴコンピュータ】 3社の事例で学ぶ メーカー保守終了後の延命と保守費削減の秘訣とは 【フィールドワン】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】 リプレース回数を減らしてコスト削減、サポート切れの機器を延命させるには? 【フィールドワン】 IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
ハードウェアの保守期限切れ、それでも使い続けたい企業が取るべき選択肢は? 3社の事例で学ぶ メーカー保守終了後の延命と保守費削減の秘訣とは 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
リプレース回数を減らしてコスト削減、サポート切れの機器を延命させるには? 導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032997


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ